素敵な世界はその手の中から

妻の友人が自ら考案した
画期的なシステムを採用した
あるお店をオープンした

開店祝いに伺ってきたのだけども
他にも彼女の知人たちが集まっていた

そのなかで同じ事業を営む男性が
少々の羨ましさをにじませながら
感心して褒め称えていた

私は隣で彼の話を静かに聞いていた

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

あの世はこの世
唯識と脳と現実変更(1)
循環というひとつの大きな作品が宇宙の正体だ
殺し屋は花に包まれる
お金に困らなくなる話(3)前編
海とクラゲ
フィクションの世界(2)
誰も実在しないということ