素敵な世界はその手の中から

妻の友人が自ら考案した
画期的なシステムを採用した
あるお店をオープンした

開店祝いに伺ってきたのだけども
他にも彼女の知人たちが集まっていた

そのなかで同じ事業を営む男性が
少々の羨ましさをにじませながら
感心して褒め称えていた

私は隣で彼の話を静かに聞いていた

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

私たちとはそもそも何なのか(4)
現実は存在しないことを見破り自由の扉を開く
自分の世界を作っていくということ
時間が止まった世界に到達する
人生は辛いか虚しいかのどちらかだけ?
「不幸の檻」から出る
心のモヤモヤを瞬時に消し去る
生死を賭けたゲーム