はじめから白旗をあげる

人と関わると
最後はいつも嫌な思いをしてしまう

そんな相談が多いのでこちらで答えておくよ

よくあるケースとしては
はじめのうちは調子よく話していたのに
だんだん相手に飲まれてるような感覚になって
とても疲れてくる

つまり相手のほうにペースがあり
自分がどんなに明るい応対をしていても
結局それは相手に振り回されてるわけで

そのことに途中で気づくときもあれば
相手と離れてから気づくこともある

そうして相手に振り回されているがゆえに
言わなくてもよかったことを
つい口にしてしまったり
ありもしない見栄をはってしまったり
またひとつの嘘をついたおかげで
その後たくさんの嘘をつかなければ
ならなくなったりする

そんな自分を振り返ってげんなりしてしまうわけだ

さらにはその「嫌な気分」の矛先を
相手のせいにしたりもする

だがそれは大いに間違えていて
自分がペースを持たずにいたからであり
だから相手の問題ではない

つまり話さなくてもいいようなことを
ペラペラしゃべった自分が恥ずかしくなり
「きっと相手に小さい人間だと思われてる」と
妄想していること自体が
疲れを生み出している最大の要因にある

 

倒れていれば倒されることはない

では自分のペースを保って
「嫌な気分」にならないためには
どういう姿勢が有効なのだろうかといえば

それは
はじめから白旗をあげていることなんだ

いいかい
人との交流において
あとで嫌な気分が残ってしまうのは
どれほど調子のよいスタートだったとしても
はじめから自分のペースではなかったわけで

つまり心のなかには
「自分をよく見せよう」とか
「自分を理解してもらおう」といった
魂胆が握られていた

それは裸の自分ではなく
嘘の自分を相手にみせつけようと
していることにほかならない

言いかえれば
「ありのままのあなた」をみようとする相手を
否定しているんだ

よって大事なのは
「相手を否定しないこと」にある

だがこの意味は後述するように
相手の言いなりになるということではない
基本的な心の姿勢のことであり
相手の”存在そのもの”を尊重すること

つまり相手に嘘をつかないということだ

相手を否定しないためには
まず自分の心を全面的に
“武装解除”しなければならない

そう、はじめから白旗をあげることにある

はじめから倒れているならば
あなたは倒されることはない

立っているからこそ倒されるのであって
倒されそうになるがゆえに
ますます抵抗してしまうんだ

ところが大半の相手は
別にあなたを倒そうなんてしているわけではない

あなたがはじめから立っているから
つまりありのままにみようとしている相手を
“否定”しているから
あなたが勝手に戦っているにすぎない

もちろんなかには
あなたを倒そうとする相手もいるだろう

だがそういう相手であるなら
なおのこと
はじめから倒れていればいいんだよ

 

リアルな喜びを感じること

さて上でも話したように
この話を取り違えてならないのは

はじめから白旗をあげているから
じゃあ議論をするなとか
自分の考えを述べてはならないとか
そういうことではなく

むしろはじめから白旗をあげているからこそ
対話を自然に楽しむことができる
ということにある

なぜ自然に楽しむことができるのかといえば
あなたはなんの偽りもなく
ありのままの己を表現するからだ

それは”ペース”を失っているのに
調子よく話せているというあの自己欺瞞ではない

「ありのままのあなた」からは
これまで実際にみてきたものや聞いたもの
直に触れてきたものや感じてきたもの
語られるだろう

それらはあなたがしてきた本当の体験であり
相手はそんな「本当のあなた」を知りたいんだ

だがまさにそれこそが
私たちが”一者のうち”に
無数の泡のように現れている理由であって
つまり他者との交流という”夢”を
大きなひとりの実在が楽しんでいる大枠がある

そしてその偽りのないリアルな喜び
また新しい”夢”の素材となっていくんだ

だから自然な交流をしたあとのあなたは
とても清々しい気分になってるだろうし
もっとたくさん人々と関わっていきたいと
そこに楽しみや喜びをみつけるだろう

それは古い夢が終わり
新しい夢が描かれているということだ

もう気づいてるかもしれないが

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名をこちらで申請してください。必須。
・追記などを投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するためであり日を跨いだ投稿も調整させていただく場合があります)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. タタータ より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  2. タタータ より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  3. nico より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->