あなたの日

たとえば今日が
あなたを記念する日でなければ
誰も祝ってはくれないだろう

親も友人も街の人も
「おめでとう!」なんて言ってはくれない

当たり前だね

そのかわりに
他の誰かの日だったりするわけで
空も太陽も花もみんなでその人を祝福してる

ところがそうであるのに
あなたがまるで自分の日だといわんばかりに
人や世界に祝ってもらおうと期待するから
最低な気分になるんだよ

わかるかい

ツイてる日や好調な日というのは
宇宙全体があなたを中心に調和してる

すべての出来事は
歯車のように連結していて
その巨大な機械はまさに
あなたのために動いている

つまりそれはあなたの日なんだ

だけども
他の誰かを中心に宇宙が動いてるとき
あなたがどれだけ自分にそれを
向けようとしても無駄な努力となる

期待は失望となり
なにをやってもうまくいかない

宇宙は調和してるのに
自分だけがそこから外れてるからだ

ゆえに他の誰かの日なのに
自分が祝ってもらおうとするから
ツイてない日や不調な日として映るんだね

だから自分の日じゃないと気づいたなら
他の人を一緒に祝ってやればいいんだよ

自我はいつもしゃしゃり出ようとする
厚かましく前に出ようとするが
そうじゃない

今日は他の誰かの日なんだ

それは家族かもしれない
職場の人かもしれない
一緒に暮らしてるペットの日かもしれないし
駅員さんや偶然立ち寄った花屋で
働いてる人かもしれない

だがこの話の最後でわかるように
それが誰であるかを探す必要はない

とにかく
あなたが不機嫌なのは
あなたが間違えてるからであって

つまりあなたの日でないとわかったら
他の誰かの日なのだから

じゃあその日に出会う世界を
お祝いするように生きれば
その日はあなたにとっても幸せであるはずだ

もちろんそれは
自分を含めて宇宙が調和してるからにある

やがてまたあなたの日は巡ってくる

誕生日みたいに1年待たなくても
わりと”頻繁に”やってくるものでね

その日なんだと自ら気づかなければならないが
しかしそれ以上に大事なのは
あなたが好調なのは
みんなに祝福されてるからこそであること
忘れてはならないということだ

たとえ部屋でひとり
斬新なひらめきを着想したとしても
それもまた最適な気温や
よく眠らせてくれた街の静けさなど
いろんな要素が絡み合ったおかげであり

つまりあなたの日とは
この宇宙に感謝をする番が回ってきた
ということにある

だから結局をいえば
「おめでとう」と「ありがとう」だけしか
ないのであって

そこに気づいたなら
人生にツイてない日や不調な日なんて
ひとつもなかったとわかる

そしてそれがわかったとき
ある重大な気づきが開いてくるだろう

それは

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. Noppo より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->