“あなた”を支える世界

あなたの行きつけの
美容室や歯医者やコンビニにしても
いつも応対してくれる
おなじみの人がいるだろう

たとえばそれが本屋で働く女性ならば
あなたに本を手渡すため、
“そのためだけ”に彼女は現れている

つまり”あなたが知らない彼女の生活”など
存在しないのであって
あなたの意識が光を照らすところにのみ
「あなたの知る彼女の姿」がみえているんだ

もしその人と知り合いになって
一緒に食事に出掛けたなら
そこであなたは彼女の新しい一面をみるだろう

だけどもそれは
あなたの知らなかった彼女の姿ではなく
あなたの知った彼女の姿がそこにあるんだ

 

隠されているもので現れないものはない

ところが日頃のあなたは常に怯えている

人であれ物事であれ”自分の知らないところ”で
悪い相談がされているんじゃないかとね

そんな具合に自分に内緒で
何かが隠されて進行していると思い込んで
いつも気を病んでいる様子にある

たとえばもし
その隠されているものを”知らないまま”
あなたが死んでしまったら
それはどういうことなのかと考えてみよう

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->