どちらが鏡か

ここにあなたの現実がある

あなたはその現実によって
悩み、怒り、喜び、期待する

実際そうだね

社会や他人との関わりで
毎日振り回され続けているのだから

だからあなたの考えや感情は
“この現実こそ”が
あなたにそうさせているわけだ

このことを第一に心において
人生を生きてみること

すると不思議なことに
いままで自分では成せなかったことや
ずっと夢見ていたことが
どんどん実現していくようになる

 

1

このように捉え直してみるといい

たとえば鏡に映る像は
あなたと同じように動くだろう

腕を上げれば
鏡も腕を上げる

あなたが鏡に笑いかければ
鏡もあなたに笑いかける

いつもそのように思い込んでいる

そして”その思い込み”をそのまま
社会や他者との関わりに持ち込んでいる

だからこそ
「現実がうまくいかない」と
いつも苦しむはめになる

つまり気づかなければならないのは
こういうことだ

鏡の前に立っているとき
こちらの自分こそが
映し出された像なのだ

 

2

ではあなたは一体何者なのか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. タタータ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事