死を意識すると生は鮮烈になる

死を常に意識しなさい
そうすれば生がより濃いものとなる

やりたくないことなどやらなくなるし
くだらないことを「くだらない」と
正しく理解できる

日々が瞬間が
より鮮明に映し出されるようになる

死を意識しなさい
あなたの最後は死だ
あなたはいずれ死ぬ

死はとてもバイタリティに溢れている
死はとても素晴らしい
それがあるから生が際立つのだ

無意識に生きている人々は
死を逃れようとする
それは間違いだ

死を受け入れることで
無意識から脱出できる
つまり本当の領域に入るのだ

あなたの生命は
とても湿っぽくて、熱い
重点があって、軸がある
まるで虫のようだ
ただひたらすら
欲求のままに生きる鮮烈な生
太くて濃い、その瞬間の羅列

合わせ鏡のように
あなたという軸が永久に続く感じ
あなたが中心であり
時間はあなたを中心として通り過ぎていく
彗星のように
宇宙を永久に突き抜け続けるという感覚
常にあなたが中心であるという感覚

死を意識すればするほど
そういう鮮烈な生に気付くのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:

    人間はあらゆる物事に関して
    知性が高い故に、深く考えすぎている
    自己啓発や成功理論、何々を行えば幸せに
    なる、そい言う類のモノは ここ数年で
    大量に情報化され簡単に見ることが出来るように
    なった
    しかし、世の中や人間というものは
    表面上 物凄く複雑で難解の様に感じるが
    実のところ、その本質は物凄くシンプルである
    上記でのべたのは決して適当に生きて
    楽して生きろというわけではなく
    優等生を捨てて、子供心に舵を切れという
    意味だ
    これは案外 簡単な小さな話にも聞こえるが
    この小さな隙間が異常に深いのである
    子供心を維持した脳は
    圧倒的頭脳へと流れ
    大人心へと切り替われば
    優秀な頭脳で終わる
    後者で終わればただただ惨めだ

コメント・質疑応答

  関連記事