未知を悟り、この世は幻想であることを突き止める

「我々」とは思考のことだ
我々を「われわれ」と認識するから
思考の範疇となる

認識を伴うものはすべて
思考による彩りである
私を「わたし」と認識すれば
思考でそれを見ている
よく言われる「本来の私」すらも
それをそのように認識すれば
思考が作り上げた幻想となる

だから「我々」の正体は思考である
正体を求めるゆえに
対象への認識が前提となるからだ
ここで何を書こうが
対象を作り上げているから
神も仏陀も大いなる意識すらも
思考の産物となる

 

多くのスピリチュアル本などで
「あなたは誰か」と問われるが
答えは「思考」だ
あなたの正体は思考だ

だが正体を求めない
問わないとき
それは思考ではない

求めないから
「あるのかないのか」すら超えている

あなたがいま完全に忘れ去っていること
いま全く意識に上がっていないこと、
それは答えられない
つまり「未知」を答えることはできない
答えようとすれば、
それを思い出している
その時点でそれを認識しているのだ

だからあなたが完全に忘れ去っていること、
「それ」そのものが超越となる
だけども思い出したり、
見たり、聞こえたり
認識をした時点で
あなたの世界にはその「カタチ」が生まれる
未知の銀河の果てに辿り着いても
その風景がある
だから未知は常にない

思考は未知を知ることはできない
いかなる場合も
あなたがそれを認識したときに
すべてのイメージを生みだすからだ

だからあなたは誰かとえいば
答えは思考なのだ
あなたは「未知」という空間に
漂う思考

思考が空間の何かを察知すれば
そこに世界ができる
認識、印象、自我、
そんな感じのもの

だけども
思考を思考として見ている何かがある

 

確かにそれはそこにある

このように捉えてみよう
なぜ「思考」が思考であることがわかるのか
思考の範疇でしか捉えることができないのなら
思考の「それ以外」、
つまり反対側を見ればよい

あなたが「部屋」を示す方向に
壁があり天井や床がある
だがそれは壁や天井であり部屋ではない
部屋を差し出すことはできないのだ

しかしあなたの見ているものは
壁や天井ではなく部屋だ
なのに部屋は実在しない

実在しないがそれは確かにそこにある

思考の反対側とは何か
それは忘れていること、
つまり思考に上っていないことだ

そして思考とは
思考以外のさらに「それ以外」が
思考なのだ

「自然・不自然」という状態と同じ
思考は不自然のことであり
思考以外とは自然のことだ

つまりあるがままとは
認識の介入しない自然状態のことであり
すべて溶け合っていて
識別ができない様子のことだ
そこにはただ「それ」しかない
あるのかないのかすら答えられない
識別をして対象を孤立化させれば
たちまち「思考」となる

思考が見るものはすべて「思考」である
だから世界はあなたしかいない
あなたの認識と印象で彩られている
思考が見るものはすべて「思考」
ワンネスを定義すれば、それも思考

あなたが車を見れば
「車が見えている」ということを思考している
見ること聞くことなどの五感作用ですら
すべて思考なのだ

あなたは見ているのでも、
聞いているのでもない
生まれてから一度も
純粋に見聞きしたことなどない

「見えたこと、聞こえたこと」
を思考しているのだ
つまり思考を見て生きてきた

では車を見ていないとき
車はあるのだろうか?

つまり思考を超えたエリアでは
あるともないとも、ないのだ
なぜなら認識がされていないからだ

あなたの認識が世界を生んでいるならば
車はないとなる
だが車はない、とする時点で
それも認識である

そうではなく
そうした思考の背景にあるもの
つまり「それ」

「それ」とは思考以外のこと
思考以外があるから思考が発生する
自然があるから不自然がある
法があるから罪がある
「ある」とは定義のことだ
つまり自然と定義するから
不自然を発生せざるを得ない

思考以外と定義するから
思考を発生せざるを得ないのだ

定義しなければ
何も発生しない

 

存在が”存在できる”とき

大きな白い画用紙を背景に
黒いインクで小さな点を描く
この時、黒い点は白い背景があるから存在する
黒い背景に同じ黒い点は存在できない
背景がなければ「点」は存在できない
黒と白、そして点と背景
つまり黒い点とは背景があるゆえに存在できる

自らの肉体の動作を認識している「思考」が
どのように思考として在るのか
思考があるということは
思考の及んでいない未知があることを
思考の裏側に無限の背景があることを意識する

食器を洗っているときの両手の動き
飲み物をかき混ぜているときの
手の動きをよく観察しなさい
認識の背景から手の動きが見えてくる
すると「手」が勝手に動いていることに
気付くだろう
今まで自分で考えて
手を動かせていたとしていたが
実際は動いている手を
認識していただけだったのだ

つまり肉体はあなたではない
肉体という何かが
活動をしているだけであり
思考という認識作用が
「あなた」と定義しているのだ

認識を超えたエリアは未知がある
未知が本当のあなたであり
思考は、思考があなたと思考しているだけの
幻影である

だけども未知は思考が及べない
肉体を通じてそれを垣間見るのだ
音を通じて静寂を知るのだ
存在を通じてその背景を知るのだ
「知る」を通じて未知を悟るのだよ

あなたが何を見ても聞いても感じても
それらはすべて思考である
対象物など実は存在しないのだ
ただ「そのように思考している」に過ぎない
思考が思考を知るとき
あなたはその枠外へ出る

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. zerozero より:

    前はこの手記を読んでも全く理解が及ばなかったのですが、今はこの手記が指し示しているモノが何なのか、理解できる様な気がします。

    話の内容を理解するというと(思考)し、(分析する)するだと思いますが、、、違う。それだと要点を逃しつづける。

    書いてある事は、月そのものの事ではなく、それを指し示す指だという事もなんとなく。
    内容などどうだっていいんだよの意味も。。。

    わたしは無のそれ以外の存在

コメント・質疑応答

  関連記事

しゃぼん玉がはじけるとき
働くこと、幸せに生きるということ(2)
すべては思い出
あなたはバケツじゃない
神となる
恐れる必要がない
この世界でフリーの駒となる
運命は確定しているのか?