旅先ではじまる恋

現代人の多くは
「何かをしなければならない」と
常々思っている

そのように思わせる社会であるからね

毎日の予定に追われて
一息ついたときも広告やメディアに
惹きつけられる

スマホを触ったり雑誌をめくったり
頭のなかは思考が洪水のようだったり

つまり
「何もしない」ということができない

そうした習慣のおかげで
静かで波風のない心になることを
恐れているかのように生きている

次の休みは何をしようかとか
旅先の恋を期待していたりもする

まるでそうでなければならないかのように
それがなければ人生が失敗しているかの如く
いつも急かされ続けているわけだ

だがそれは結局のところ
焦りと欠乏に迫られているだけでしかない

だからその時は何かで埋めたとしても
人生を振り返ったときに
「何だかいつも不満足だった」
という記憶しか残らないのである

じゃあ「何もしないこと」が
最良なのかといえば違う

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

人生を変える「ひらめき」のヒント 前編
あなたは何者なのか(2)
心の支配を抜ける
七夕の夜空に出会うもの(前編)
怒らない習慣が現実を大きく変える
水とワイン
神も仏も信じないのに成功する人たち
他人を幸せにするときあなたも幸せになる
-->