体の中から宇宙を観る瞑想

嬉しいとき
怒っているとき
呼吸の質が違う

だから呼吸への関わり方を変えれば
感情や思考の支配を離れることができる
それだけでリラックスを得られる
ヨガはそれを目的として発展した

だが重要なのはマインドを離れた末に
何かが現れるということだ

 

息そのものになる

呼吸に関するヴィパッサナーは
無数にあるが今回はこれにしよう

仕事中でも歩きながらでも可能だ
思い出したらすぐにやるようにする

  1. 息を吐く、最後まですーっと吐ききる
  2. 吸うときは身体の作用に任せる
  3. 吸気が吐く息に変わる転換点を意識する

ポイントは3つある

臍(へそ)の下あたりを丹田という
そこが身体の中心
呼吸は常に丹田でしなさい

吐き出された息は
浜辺に消える波のようにイメージする
周囲で無数の光の粒子が
サーッと消えていく感じ
すべてが静かに消えていくまで
丹田からゆっくり押し出していく

そして重要な点だ

入息が出息に変わるわずかな瞬間がある
そこで息そのものに意識を向けなさい
転換点でのみ、あなたは息になれる

息そのものになるとき
時間が止まる
身体の中のスペースがわかる

身体が容器のように感じられ
不思議な空洞を見つけるだろう

それがあなたの中の宇宙だ
空ともいう

空は最上位の意識空間のこと
つまり丹田で感じる空間が
全宇宙とリンクしている

これは何だ?と意味を探してはならない
意味を探した時点で
それは概念となる

そうではなく
その空をただ感じなさい

身体の中を通じて
全宇宙を感じることができる
そこには己の知るすべてがあり
自他の隔たりなどなかったという
深い納得が起こる

そこに究極のヒーリングと
そして超越がある

注意点

呼吸瞑想での間違いは
呼吸をしている行為を意識してしまうことだ
そうではなく息そのものになりなさい

また数を数えるのはオススメしない
はじめはいいが
いずれ切迫感を生んでしまう結果となる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes, 瞑想 , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ONEPOINT より:

    呼吸法には一時期凝っていましたが
    どれも吐くほうが先なんですよね。
    何か秘密がありそうです。

    • -自分- 涅槃 より:

      ONEPOINTさん

      何かを通じて
      何かを得ようとすれば
      瞑想もロッククライミングも
      ただの徒労となる

      そうではなく
      光明だ

      自分がここに存在していることを
      ただ見ているだけでいい
      逆にいえば
      見ていなければあなたは失われる

      いつも明かりを灯しておくことだよ

      そうであれば外の物事は
      座禅もアイドルのおっかけも
      同じものだ

      今回の呼吸法についての秘密は
      やはり「意識の向き」となる

    • ONEPOINT より:

      ありがとうございます。
      技法に囚われているつもりはなかったのですが
      ある程度やりやすい方法というのがあるのかなと思いました。

      あまり深く考えずその時の自分に合った瞑想をしようと思います。

    • -自分- 涅槃 より:

      ONEPOINTさん

      例えば瞑想も悟りも
      あなたの意識を向けたものだ
      だからそこに想起している

      つまり何がどうであっても良いのだ
      大事なのは
      すべて己が作り出していることに
      気がつくかどうか、だよ

      瞑想は観念を捨て去る作用があるから
      唯一の手段となる

コメント・質疑応答

  関連記事

光の洪水 -我々の本当の姿
お金や恋愛が生まれる土
悲しみに終止符を打つ
素敵な世界が実現していくプロセス
魂を浄化する
大地に根を張る
人生を幸福にしていく日々の一歩
あなただけの物語をはじめる方法