人間であることの疲れを解消する

自分らしく生きたいけども
そうして自分を主張すれば
周囲とうまくいかなくなる

いったいどうすればいいのか
そんな相談がいくつかきているので
手記にしておくよ

この解決には
人間世界がどのような仕組みにあるのかを
知っておくだけでいいのだ

むしろ私たち人間が
そもそも何者であるのかを知らないからこそ
“自分らしさ”の意味を取り違えてしまい
それゆえにうまくいかないのである

たとえば毎日いろんなことで
疲れているだろうけども
疲れには2種類ある

ひとつは楽しい時間を
過ごしたあとの至福感がそうで
それは至ってポジティブなものだ

たとえば友達とスポーツで盛り上がった後や
恋人と密な時間を過ごしたり
情熱的に仕事に没頭したり
美味しいものを食べたあとの満足感や
見るものすべてが新鮮で刺激的な
海外旅行で歩き回ったあとのスパの時間など

そうした楽しんだ後で感じられる体の保養感
キラキラしたものが
全身の筋肉を癒してくれているような感じは
覚えがあるはずだ

それは言ってみれば
大いなる自然と触れ合っていることであり
つまり体そのものの疲れとは
決してネガティブなものではない

自然の循環そのものであり
動物や植物も同じく
活動と癒しのサイクル
満たされたエネルギーのなかで
すべてが生を開花している

そして一番大事なところだが
この解放された在りかたとは
己という存在が
過去から未来に渡っての”同一の何か”ではなく
一瞬一瞬としてそこに現れているということだ

その瞬間の自然とひとつになっていること
それによってエネルギーは常に満たされるのである

 

1

ところがもうひとつの疲労感はそうではない

人間というのは
無駄な動きで疲れるものだ

無駄な動きをしてしまうのは
どんなときでも
他人の目を気にしているからにある

だがこれは人間であることの定めであり
たとえそこに他人がいなくとも
客観的な目で己自身を縛り付けている

たしかに自然や動物のように
その場その場に溶け合っているだけなら
すべてが肯定的となるが
嫌だから逃げるとか
欲しいから奪うといったようなことを
肯定してしまうと
社会では生きていけなくなる

言いかえれば
自分を過去にむけて反省をさせ
そしていましている行為が
未来にどのように影響を与えるのかを
考慮させることが社会の参加要項となるわけだ

たとえば目の前で
知人が辛い思いをしているとき
私たちは同調してやらなければならない
知り合いの葬儀では
悲しい顔をしていなければならない

確かにそんなことをしたところで
何にもならない

だが「やるだけ無駄だ」という態度でいると
社会から追い出されることになるだろう

こうして私たちは
常にお芝居をしなければならないわけだが
それは社会で暮らす私たち人間が
法的な存在であるからに他ならない

つまり私たち人間とはルールの中でのみ
その存在や生存が許されているのである

 

2

あまり堅苦しくならないように進めるが
よく法は個人を守ってくれるものという
誤解をしている人がいるがそうではない

そうではなく法によって
私たちは存在しているのであり
言いかえれば、法がなければ私たちは
人間にすらなれないのである

つまりここでいう法とは
一般的な法律に限るものではなく
それを含めて私たちが
ごく当然としている社会的規範のことだ

たとえば”良心”はその現れであり
「これはやっちゃいけないな」とか
「ここで手を貸してやるべきだろう」とか

人間として存在している以上
たとえそれが条文で定められていなくても
そうあるべきだという見えないルールのことだ
詳しくは以前の手記でも話している
(リンク先の5章以降参照)

ゆえに「法からはずれた者」とは
人間の営みをもたない自然存在であり
私たちからすればその存在は
恐怖と不安そのものとして映ることになる

金属パイプを振り回している
若者の集団が現れたときを想像してみれば
当然あなたは身構えるわけだが
それは彼らが法を逸脱している可能性を
感じるからである

つまり彼らそのものが恐怖なのではなく
法を超えたその得体の知れなさが恐怖なのだが
それはあなたが法的な個人だからだ

だから法に個人が守られているのではなく
法に”縛られる”ことにより
「人間が可能である」ということになる

それゆえに
知らずのうちに自分が罪人とされ
罪を裁かれるという人は後を絶たない

まったく自分とは無関係のところで
自分の罪状が審議され裁かれる
彼らは自分が罪人であることを
“あとで教えられて”知るのである

現にあなたの周囲の人間関係
まさにこの通りのはずだ

芸能界なんかでもそうだね
動いているのは法(ルール)のほうなのだ

 

3

私たちが「人間であること」が可能なために
役所の書類に記載され管理され
クレジットカードの使用や
最近では店のポイントカードにいたるまで
自分がどこでなにをしていたのかが
しっかりと記録されている

つまり法の管理下にある=人間である

こうして役所の戸棚で管理され
社会的なアイデンティティ持つとき
“私”は過去から未来に渡って
「同一の存在である」と承認していることになる

自分という名の重い十字架を背負いながら
遠い過去からの道のりを
遥か未来の果てまで
歩き続けていかなければならない

社会的な存在になるとは
その契約サインをしたということだ

つまり「自分」は
ずっと出現し続けているのであって
一瞬一瞬ごとの解放された存在ではないのである

この意味で社会への参加が
許可されない人たちの
「本当の理由」がみえてくる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. hiroshi76 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. kkkb69 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

豊かな人生を実現する
心のモヤモヤを瞬時に消し去る
意識と無意識(前編)
何もないところに何かが生まれる
世界は一緒に動いている
私たちはプログラム(2)
人間を知る(2)
自己管理の法(2)