玉ねぎと涙

「あの人のせいで自分はこんな目に遭った」とか「この問題を解決するにはあれが必要だ」といったような、現実の”中身”についてではなく

「なぜこの現実があるのだろう?」「なぜあの人たちやこの問題が私の前にあるのだろう?」という具合に「この世そのもの」を外側から疑問を持つようになったら、ようやくあなたは「玉ねぎの皮むき」をはじめたことになる。

そうして1枚1枚むいていった先に、ここには何もなかったことを知るだろう。

つまり自らの心の葛藤を「現実」という映像として浮かべていただけ、憎らしいあの人も、苦しめていた出来事も本当は存在していなかった。すべては様々な要素の相互関係において「そのようにみえていた」にすぎない。

だけども「何もない」を知ったとき(=玉ねぎの皮をめくり終えたとき)ひとつだけ残されるものがある。

それはあなたの涙だ。

もちろん玉ねぎは比喩だから涙の種類はまったく違うものだがね。「ああ、なんだ、、ずっとそうだったんだ」とあなたは喜びと安らぎの涙を流してる。

その”涙”をみつけるからこそ、どんなことであれ両手を広げて受け容れることができるのだよ。

 

幸せである秘訣

だから現実の中身を制圧することでもなければ、目をそらして知らないふりをすることでもない。また「相手を受け容れなければならない」と自らを無理強いすることでもない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. same77same より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->