わたしは誰か

有名な道標だ
「わたしは誰か」

あなたが見ているとき
誰が見ているのか
あなたが味わっているとき
誰が味わっているのか

意識は常に「意識しているもの」に
焦点を合わせる
目の前のテレビが衝撃的なニュースを
放映しておれば
あなたの全意識はニュースに向かう
テレビという物体は意識しない
見えていない
その放映内容にだけ意識が向いている

そしてニュースの内容が明らかになり
あなたは
「おっと今からあれをしないといけない」
「あ~あ 仕事面倒くさい」
など思考に意識が向きだす

目の前にテレビがあるが
もうそこに意識は向いていない
テレビの方を顔は向いており
視界に入っているのに
あなたは見えていない
意識が別のこと、
ここでは「思考」に焦点を合わせたのだ

「呼吸」という文字を見れば
あなたは途端に呼吸に意識が向く

「今月の支払い」という文字を見れば
あなたは途端にそれを思い出す
そうして不安になったりする
「不安」という感情に意識を向けたのだ

音、匂い、など
そういう文字を見れば
あなたの意識はそこに向く
突然目の前のテレビが
可愛い女の子を映し出した
するとあなたの全意識がそこに向く
呼吸も音も支払いも
そこにはない

つまり
あなたの意識を向けたもの
それが世界だ

さらに言えば
常にそこに何でもあるのだ
意識が向いているか
そうでないかの違いだけ

不安という思考も
いつもそこに漂っている
不安じゃないときとは
単にそれに意識を向けていないだけ
幸福も常にそこに漂っている

繰り返すが
思考も感情も物も出来事も
すべてそこに漂っている
常に在るのだ
どれに意識を向けたか
意識を向けたときに実体化する

 

だから思考も感情も
あなたではないのだよ

この記述を映している画面は
あなたではないことを
あなたは知っているだろう
思考も感情もそれと同じ

液晶画面がそこにあったことすら
忘れていただろう

あなたの腕や手、足、肉体
それらもあなたではない
呼吸もあなたではない
意識を向けたときに
それが実体化しているだけである

ずっとそこにあったのだ

だがあなたの世界には
まだ実体化していなかった
意識を向けたときに
「あなたの世界に」実体化する

あなたの世界にまだないときも
そこにある
あなたの世界、
つまりあなたの意識している世界の外には
すべて揃っているのだよ

まるで品揃えの豊富な商店だ
なんでもある
だが今日あなたはマッチを買いに来た
だからマッチしか目に入らない
だがマッチの隣に「不安」が置いてあった
あなたは「不安」に目が留まる

あなたの体験するもののすべて
それは商店の陳列商品だ
思考すらも商品のひとつ

 

さて

ではその「あなたという肉体」を通じて
それらを見ているのは一体誰なのだろう?
もちろん、あなたもあなたではない
あなたすらも陳列商品だ

そこに意識を向けられるもの、
それはすべて商品

じゃあ意識を向けている光源とはどこだ?
どこにある?
商店を渡り歩いているあなたを
見ているのは誰だ?

あなたが見ているとき
本当は誰が見ているのか

この摩訶不思議な映画体験
それがあなたの人生という
意識世界のお話

映画の撮影現場には
スクリーンで映されるストーリー以外のもの
つまりそのシーン以外の
別のシーンで使うものが
沢山、脇に準備されている

いまは血生臭い戦闘シーンだ
そこに甘いスイーツを食べて微笑む
女子高生たちの談話はない

だけども戦闘シーンのすぐ脇に
女子高生たちの平和が置いてある

戦闘シーンが映るスクリーンが
あなたの意識世界
あなたの意識を向けたものが映っている

つまり
そんなものに
意識を向けなければいい
向いたことに気が付いたら
向けることをやめればいい

 

女の尻ばかりを追いかけてる男性は
まさに「女の尻」という桃色ストーリーが世界だ
危険もつきまとうだろう
亭主が出てきたり
性病になったり
お縄になったり
だけども
そんなことに意識を向けない限り
そうならない

犯罪者は
それが犯罪であることをわかっているから
捕まるのだ
「犯罪であること」が彼の世界で実体化する
つまり罪悪感のない行為に罪はない
そういう犯罪者は決して捕まらない
犯罪ではないからだ
自らが犯罪者であることを知らない

 

幸福なカップルが草原を笑顔で駆け巡る
踏みつぶされた草

子どもの誕生日にステーキをご馳走する
美味しさに満面の笑顔
殺された仔牛

だから犯罪も、罪もないのだ
あなたが「そう」とするから
それが「そう」なる

都合の良いメソッド
それも正しい
現に「幸福な状態」にある人は
日常に関わるすべてに
「幸福」のシールを貼る
例えば「猫と暮らせて幸せだ」
「おいしい!しあわせー!」とかね

シールを貼らなければ
ただの猫、ただの飯だ
それどころか
「なんで猫の面倒まで見なきゃならないの?」
「食べたらまた太る、嫌だなあ」
そういう「不幸」のシールすら貼ることもできる

「苦」が出てくれば
そこに同化しないこと

そして
最初からすべて用意されていることを悟る
全部そのスクリーンの脇に置いてある
これがシンクロニシティや引き寄せのカラクリだ
偶然などない
すべてのサイコロの出目は
そこに並べて置いてある

さらにあなたを通じて
一体誰が経験しているのか、
そういう「質問」を常に覚えておく

そうすればいずれ
すべてが夢物語であることに気付くだろう
夢を夢だとわかっている明晰夢に
あなたは生きていたことを知るのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 普通さん より:

    うーん…。

コメント・質疑応答

  関連記事