殻の中身は空だった

「生きながらに死ぬ」
そんな表現をよくつかう

それはどういうことかといえば
何者でもなくなるということだ

あなたはどんなひとだろう?
自分の特徴を挙げられるだけ
書き記してみるといい

そのメモ書きをみれば
自分は”何者をやっているのか”が
よくわかる
言ってみればあなたは
そのメモ書き程度の存在なのだ

何者かである限り
外の世界と比較された
自分が生み出される

お金持ちを発見すれば
自分は貧乏人となるし
ハッピーな人を見れば
自分は惨めな気持ちになる

「私は隙がないと言われます」
だから恋愛ができない
男性は隙のある女性でないと
射留めることができないらしい
どうすれば隙のある人間になれますか?

こういうケースの相談をよくもらう

彼女は全くの隙のなさで
「隙のある仕草」を作り出そうとしてる

これは恋愛に限った話じゃないが
このように頭で考えても
そこから抜け出せないことがわかるだろう

隙というのは
「自分」が取り払われたことを意味する
つまり何者でもないとき
彼女は男性に愛される

愛されてると感じているとき
それはリラックスが起きているわけだ
自分が何者でもなくなれるから
安心して包まれている実感にある

酒を求めるひとがいる
危険なスリルを求めるひとがいる
彼らも同じく自分から解放されたいのだ
解放された先に安堵をみている

つまり演じている自分を捨てること
メモ書きを破り捨てさること

その本質がわかっていれば
別に酒に走る必要もなくなるのだよ

自分が何者でもなくなることを
「死」というのだ

 

2

死とは文字通り
自分が消え去ることだ

だがそれは無意識的なロボットとして
稼働することじゃない
それでもまだ自分がいる
機械として稼働している自分がいる

ロボットはやがて
外的または内的に反乱を起こすだろう
それは社会的な制裁や
神経性からの病に発展する

じゃあ死とはなんだ?

あなたはこう言うかもしれない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ハイライト より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事