ヒーリングライフ(2)

walter3

実践に入ってもよかったが、もう少しだけ原理的なところを理解しておくほうが良いだろう。あなたは常に無意味であることを避けて「意味のあること」ばかりを求める傾向にあるからだ。まずその行為の”無意味さ”を知ることから、始めなければならない。

地球上の法則とは数字のことだ。すべては数値化されている。お金や栄養価、重さ、長さなどもそうだし、時間を”感じること”もそうだ。それが三次元世界のルールとなる。だが高次に数字は力を持たない。つまり現象化されたものはすべてにロットナンバーがプリントされるが、意識が”現象化すること”においては計算は役に立たないということだ。

思考的な生き方の限界

ゆえにマインドは常に計算屋だ。現象化されたブロックを油断なく睨み続けている。計算は常に限界の中にあるからだ。1+1は「2」以外になれない。それを3にしたいなら、別の計算式から1を持ってこなくてはならない。お金や時間が足りないなら、何かを削って余剰分を作り出さなくてはならない。

アインシュタインのE=mc2ですらそれ自体が制限なのだ。だが数式を書き連ねたノートの外に出てしまえば、数の世界を超えることができる。全体は部分の総和を超える。それが高次であり、本書が伝えている意識の次元(無限=ゼロの世界)となる。

しかし今回はそのノートの中、つまり意識の次元は脇に置いて「すでにある現実」をスマートにしていく話に照らしてみよう。「現実とは数字が書かれたブロックの並べ替えに過ぎない」ということを念頭に入れて読み進めてほしい。

スタイルを変える

「腹が満たせるならどこで何を食べようと同じ」そんな生き方をしていないかね? あなたにとって、快適さや優雅さというのは無意味なもの、または贅沢品にしか見えていないかもしれない。

ブロックの並べ替えには、一度その「式」を崩壊させる必要がある。あなたは「2」という答えを生むために「1+1」だけをやってきた。それがスタイルだった。だが今後はそれをやめて「0+2」や「3-1」という別の方法を知るということだ。

一見どちらも「答え」は同じように見える。ゆえにあなたは「そんなことに何の意味もない」と慣れた等式(生き方)だけに甘んじてきた。だが実際にやってみればわかってくるだろう。世界は答えではなく式の側にあるのだとね。それが無限の創造性のことであり、どんな式もゼロに回帰するものだと気付けるようになる。幸せになれないのは、答えばかりを見ているからなのだよ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. gooseisout より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • gooseisout より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • gooseisout より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. レーダーから消える より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

己が存在すれば世界は幻想となる
贅沢に生きるということ
あれ?腕がない
晴れた日
生命の木漏れ日
最後にまわって先頭に立つ
死後の世界に到達する
愛を知るときすべてが叶い始める