創造性とは何かを知る

爽やかな朝だ。私の家は東側に窓が並んでいてね、朝の静かな陽射しが、部屋にあるすべてのものにコントラストを与えている。私たちは光そのものを見ることはできないが、光は何かを浮かび上がらせてくれる。私はこの光景が好きだ。なぜなら光とは私のことであり、私がすべてを顕現させていることを実感できるからだ。

時計は9:38 a.m. いつもの店で買ってきたコーヒー豆が濃い香りを漂わせてドリップをはじめる。その背後でマイルスデイビスのプレイリストが重厚なウッドベースを響かせて流れている。オリヴァーネルソンやソニーロリンズのスモーキーな音色が空間を彩り、ビルエヴァンスの妖艶なピアノが水の波紋のように広がっていく。私はいつもこうして無地のキャンバスに音楽と香りで色付けていく。ムードという絨毯を敷いて、そこに浮かび上がった世界の中でキャラクターとしての私を楽しんでいる。

それでもまだ、朝の自然光に包まれたリビングは静寂を保っている。こんなに賑やかだというのにね。視界の裏側にある静かな空間は依然として私に「創造の場」を提供し続けている。いくらでも楽しんでいいのだと私に伝えている。私がやりたいことをここに作り出すだけなのだよ。ところであなたに聞いておきたいが、いま楽しんでいるのはなのかわかるかね?

書斎机に目をやると愛猫がプロジェクト書類の上でゴロついている。今日もどうやら私の仕事を邪魔するつもりでいるようだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. kiseki より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 爽やか世界 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 爽やか世界 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事