大いなる力に助けてもらうには

どうにもできない心の状態に陥ったとき、周囲の人たちに「自分の心配をかけさせたい」と思うか、それとも逆に「心配をかけさせたくない」と思うか、その選択はあなたの今後の命運において重大な分かれ道となる。

前者の「心配をかけさせたい」、つまり「自分を心配してほしい」というとき、あなたは個人の視点で世界をみている。それは「分離した世界」に足場を置いている。

海に浮かんだ丸太にしがみついているようなものだ。

その心には「自分はこれだけ大変だということを知らしめたい」とか「自分をかまってほしい、認めてほしい、包んでほしい」そういった愛の求めがあるわけだけども、だが「最初から分離している」わけだから、求める限り、愛を逃し続けることになる。

そうやって自ら逃していることを他人のせいにして愚痴ばかりをこぼすことになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

人生を愛する
気にしなければそれは起こらない
日常のなかに非日常をみる
出来事は勝手に起こってくれる
あなたは死なない
あなたはまったく不幸ではなく、そして何の失敗もしていない
本質をつかめば問題は消滅する
世界はあなたを置き去りにしない