無と有

前回の手記から続けてみよう

この世は空であると話したが
簡単にいえば
水のなかにいるということだ

あなたはそこで水をかき集めて
自分の現実をみている

親兄弟、部屋の壁や机
日々の出来事など
透明の空間のなかで
あなたの知ったものだけが
そこに生み出されている

日本人であるとか
日本語を話すだとか
それ以前に「人間である」だとか

そういった根本的なこと(観念)も
すべてそのように
見ているだけに過ぎない

やがてそれらは
指の間から流れていくが
失われたのではない

同じ場所に含まれていっただけだ

つまり形が消えても
形なきものは依然とそこにある

あなたの肉体もそう
体が滅んでもあなたはそこに在る
最初から満たされているゆえに
何も失われることはない

肉体とともに思考も消えるから
自分という対象はなくなるが
それは毎晩経験してることだ
苦しくもなければ悲しくもない

苦しんだり悲しんだりするのは
自分であったわけだから
自分がいなければそれらは無関係となる

だがそれでも「あなた」は在る
それはいまもそこで感じられるものだ

別の生命体に進化するとか
そういう話ではない

その満たされた水があなたなのだよ

 

生み出すということ

ここからが今回の本題だ

これらの仕組みを逆向きに捉えれば
空であるということは
同時に無限の可能性の場であると
いうことを意味している

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 普通さん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 涅槃の書-自分 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tiktak3926 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • tiktak3926 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. Yoshiebay より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. Yoshiebay より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. 普通さん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

おいた
あなたが悟るとき
人生に恐れなどありはしない
ネガティブを生活習慣から葬る
「なにも知らない」瞑想
運命は確定しているのか?
溶けて消える
思考と意識