良い父親であることの要件

親子の関係についての相談がいくつかきているのでこちらにまとめておくよ。

ただし親子関係といっても幅広くなりすぎるので、父と子の関係について限定し、その観点から妻は夫と子の関係をどう捉えるべきか、そして当人である父親はどのように我が子を捉えるべきかについて、スピリチュアルと人間学の観点から考察を与えることにする。

実際、我が子にどのように接していいのかわからない、姿をみるのも億劫だという父親は多い。また父子の不和を苦悩する妻も多い。

そこで「そもそも親子の関係とはいったい何であるのか」を探りながら、どうすればこの苦悩から脱せるのかについて進めていこう。

 

母と父

さて、母親とその子どもの関係は肉体的なつながりがあるけども、父親と子どもの間には遺伝子は別として、そうした生物学的な連続性はなく、精神的なつながりのみとなる。

精神的なつながりとは、いわば道徳や倫理といった社会的な関係だということだ。

本書ではよく「私たちの世界は大いなる流れの次元(自然の次元)と、人間文化の次元(言葉の次元)の2つが重なっている」と伝えるけども、つまり母子の関係とは前者であり、父子の関係は後者の現れだといえる。

つまり子は、父と母のいる家庭に生まれ育っていく過程で「この世の2つの真実」を自ずと経験しているわけだね。

 

社会の縮図

では父子の関係にスポットを当ててみよう。

子からみた父親というのは、社会的な関係以外の何ものでもない。血の繋がりや絆といった言葉はあるけども、やはりそれは制度的な表現であり、母子のような根源的で一体的な連続性はそこにはない。それゆえどこか希薄ながらも、ある種の思い込みが柱となっている。

たとえば勤め先の社長や学校の先生が父親のように思えたり、また寺の住職にそれを感じたりするのと何の違いもない。

となれば、父子はどのように折り合っていかなければならないのだろうか。

ここで父親の観点からみてみよう。

父親が子を持つとき、それはどういう心境なのか。話しているように、父親としての自覚というのは母子のような根からある繋がりではなく、社会制度的に従っているものにすぎない。

それは言い換えてみれば、自分が毎日働いたり、法律や常識などのルールを守って生活していること、その規範と同じものが父子の間で結ばれていることになる。

堅苦しいと思ってはならない。それだからこそ、子は社会的な素養を身につけるのだからね。

 

人間の世界

キリスト教圏では「父」とは神のことであり、そしてその代理人として「神父」がいる。だから父は主に社会規範そのもののメタファーとして語られることが多い。つまり人間世界が父であるわけだ。

父とは社会の絶対的な準拠であり、ゆえに精神分析学などでよく比喩されるような「父殺し」というのは、自分の実父を手に掛けるということではなく、社会制度そのもの、人間世界そのものに従わないということを意味する。

これは脱サラして独立開業したり、望みの人生を社会で歩んでいくということではない。

父殺しというのは、人間世界では決して犯してはならないタブー(殺人や近親相姦など)をはじめとして、己が人間世界では存在できないことの表明であり、つまり“人間”ではなくなるということだ。

それゆえに父親の存在というのは重要であり、また母子家庭であっても、子は”社会という父親”に育てられなければならない。

 

父親の”父”とは我が子のこと

ということは、子を持つ父親であっても、やはり”人間世界の子”であることになる。ここでひとつの矛盾が生まれる。

つまり我が子に対して良い父親であろうとするとき、それは同時に「社会の規範を遵守する」ということにある。簡単にいえば、自分が「良い父親」であろうとするには、己自身が「良い子ども」である必要があるわけだ。

そして最も理解しなければならないパラドクスは次の点にある。

それは、その父親が従う父(つまり人間社会)とは、まさに目の前にいる”その我が子のこと”だということである。

ゆえに父親は永遠に父親になることはできない。己はずっと子として、”父”に学び続けていかなければならないんだね。

 

父親が遵守すべき規範

だからもし父親が我が子を”尊敬”しないとき、そこで不和が生じることになる。前述した”タブー”を犯していることになるからだ。

ゆえに良い父親であるには、我が子を己自身の規範として捉えていなければならない。その意志によって、我が子への尊敬の観念が生じてくる。

己を”支えてくれる”大切な家族であるという実感、つまり父子の絆ができる。家族を支えるために切磋琢磨していることは、同時に人間としての己自身を”支えてもらっている”わけである。

もちろんあなたが女性であっても、社会制度のメンバーとしては常に”子”であり、人間世界という父に従っていく必要がある。だからその意味で、母親は我が子に対して二重のまなざしを向けることになる。

ひとつは父親と同様に、己自身が”人間であること”の支えとして。

そしてもうひとつは、人間世界を超えた「生命の次元としての揺るぎない安らぎへの入り口」として我が子を愛しはじめる。この愛とは、我が子を通じて広がる向こう側を実感することによるものだ。だから我が子をまっすぐに尊敬の眼差しで見つめるとき、自ずと愛に満ちてくるようになる。

それは人間社会という表層の世界が、自分や我が子といった個別の存在のない、ひとつのつながり、ひとつの連続した流れのなかに現れているということへの実感である。

 

絆の向こうに大きなつながりがみえてくる

じゃあ男性は我が子を通じて愛が開かないのか、ということではない。

その逆で、父親は我が子との関係を正しく結ぶことで、すべての人類の背後にある「ひとつのつながり」を発見することにある。だからプロセスが違うだけだ。

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘や扇動する行為、犯罪行為を正当化するコメントなどは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、暴力的な表現など他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・意図的であるなしに関わらず、文章が途中で途絶えているものは掲載不可となります。もし誤って送信された場合は早めに追記として再投稿してください。
・マナーを守らない場合は規約違反となります。また他のユーザーや当事業部、作者への中傷や毀損と思われる言動は会員規約に則り強制退会および法的措置となりますのでご注意ください。
・投稿者による有料記事の大部分に渡る引用は禁止しております。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. aslan より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • aslan より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • aslan より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      コメント交流をご覧いただくにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

-->