良い父親であることの条件

親子の関係についての相談がいくつかきているのでこちらにまとめておくよ。

ただし親子関係といっても幅広くなりすぎるので、父と子の関係について限定し、その観点から妻は夫と子の関係をどう捉えるべきか、そして当人である父親はどのように我が子を捉えるべきかについて、スピリチュアルと人間学の観点から考察を与えることにする。

実際、我が子にどのように接していいのかわからない、姿をみるのも億劫だという父親は多い。また父子の不和を苦悩する妻も多い。

そこで「そもそも親子の関係とはいったい何であるのか」を探りながら、どうすればこの苦悩から脱せるのかについて進めていこう。

1

さて、母親とその子どもの関係は肉体的なつながりであるが、父親と子どもの間には、そうした生物学的な連続性はなく、精神的なつながりのみとなる。

精神的なつながりとは、いわば道徳や倫理といった社会的な関係だということだ。

本書ではよく「私たちの世界は大いなる流れの次元(自然の次元)と、人間文化の次元(言葉の次元)の2つが重なっている」と伝えるけども、つまり母子の関係とは前者であり、父子の関係は後者の現れとなる。

つまり子は、父と母のいる家庭に生まれ育っていく過程で「この世の2つの真実」を自ずと経験しているわけである。

2

では父子の関係にスポットを当ててみよう。

子からみた父親というのは、社会的な関係以外の何ものでもない。血の繋がりや絆といった言葉はあるけども、やはりそれは制度的な表現であり、母子のような根源的で一体的な連続性はそこにはない。だからどこか希薄ながらも、ある種の思い込みが柱となっている。

たとえば勤め先の社長や学校の先生が父親のように思えたり、また寺の住職にそれを感じたりするのと何の違いもない。

となれば、父子はどのように折り合っていかなければならないのだろうか。

ここで父親の観点からみてみよう。

父親が子を持つとき、それはどういう心境なのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事