「理由のわからない苦しさ」をあばく

いくつか似たケースの相談が来ていることもあって、同じ回答になるのでこちらで手記にしておくよ。

さてその相談というのは「人生が苦しいけどもその理由がわからない」というものだ。

人生が苦しいのは、たしかに「切りたくても切れない人間関係」や「いつの間にか積み重なってしまった債務を抱えている」など目に見えた明確な理由があるだろう。

だがここで大事なのは、そうしたことは”事後的な物事”であるということ、つまりそもそもどうして、その切ることのできない状況や、その積み重ねてしまった状況があるのかに目を向ける必要がある。

あなたは苦しみを求めて生きているわけではない。むしろ苦しみを避けようとして生きているはずだ。ところが苦しい。上であげたような目に見えた理由が「なくても」苦しかったりする。

つまり生き苦しいのは、自らで知らずのうちにそう仕向けてしまっている「心の盲点」があるんだ。

だからその”盲点”について知っておくことは、今後の人生の展開を軽くしていくのにとても有効となるだろう。そもそもこうした話は一度読んでおくだけで、ちゃんとあなたの潜在意識に刻まれ、”無意識のうちにする人生の選択”が変化してくるようになるからだ。

つまり「いつの間にか苦しい人生になっていた」のと同じく「いつの間にか苦しみはなくなっていた」となる。

 

自由ゆえに不自由

ところで現代の私たちはとても”自由な人生”を与えられている。

「ええ?自由なんかじゃないですよ、がんじがらめです」とあなたは言うだろうけども、それは自由だからそうなったんだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->