街に出て充実と満足を味わって帰ってくる

恋愛をする
欲しいものを手に入れる
なりたい自分になる
美味しいものを食べる
好きな音楽を聴く

それらはあなたの中の「満足」を
引き出すトリガーの役割を果たしている

恋愛も食べ物も中身は同じものだよ
あなたの中の満たされたもの
それを炸裂させる手段として
様々な「欲求」というものがある

だからアレをしたら満足するだろうとか
そういう発想は見当違いだ
それどころか苦悩の種を撒いていることになる

いいかい
すべてあなたの中の「その感じ」を引き出すもの
だからそれら対象自体には何の力もない
そこに追い求めることをしても
ただのカラクリ
ただの影
つまり掴もうとも何も触れられない

街で素敵な異性とすれ違う
そこであなたが辿る道は2つだ

「なんだろうこの素敵な気分は
彼(彼女)ともっと親密になれたらいいな」

もう1つは
「ああ、素敵な気分」

後者でありなさい
「ああ、素敵な気分」ただそれだけだ
ただ起こった「その感じ」を受け取っている

あなたはどうにかしてそれを手に入れようとする
もちろんできないことの方が多い
だが妄想は掻き立てられる
手にできなかったことを後悔する
次の「チャンス」を待とうとする
恋愛でも物でも目標でも同じだよ

その対象たちは何の力もない
ないどころか
「最初の香り」を醸した後は
あなたの苦悩となる

枯れた花をいつまでも大事に飾っているようなもの
香りはもうそこにはない
あなたは枯れた花に香りを求めようとする
それは無理な話だ
腐臭しかない

あなたが街を歩いていて
「なんて素敵な気持ちで満たされているのだろう」
その感覚、その感じ
それが「街」だ
その瞬間の「街」が「あなた」だ

どんなに酷いことも醜いことも
それらすら何らかの「感じ」がある
白が際立つために黒があり
どこにも不足はなく
すべてが互いを補完し合っている
街はカラフルで花のように咲き乱れ
あなたに沢山のものを与えてくれる
だけどもその中のひとつにでも触れようとするならば
毒があなたの指先に突き刺さる

街が「あなた」ではなくなったからだ

よく似ているだろう
あなたはこれまで長い人生を生きてきた
それらの思い出はとてもカラフルだ
良いことも悪いことも俯瞰して感じている
だけども
どうしても許せない出来事を思い出した!
もうそれで頭がいっぱい
あいつにどうやってこの怒りをぶつけようか
あなたは食べ物も通らない
ろくに睡眠もできない
街にしろ
何にしろ
すべてあなた自身なのだよ
そこで浮かんだり泳いだり流され溺れ
ただ身を任せておけばいいのだ
そのマインドはセコい策略をいつも企てる
それが苦悩のもと

だから何も追い求めることもないし
チャンスを待つことも
次は逃さないなどと野心に燃えることもない
あなたがあなたであることに降伏しなさい

それらを手に入れようとすること
つまりあなた自身に戦いを挑むこと
それが苦悩である

密封パックを開けた時の最初の香りは
あなたの中に漂うのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ワモノ より:

    手記や自分さんのどなたかへの返信を読んだ時、何か掴めた!と思うことは度々ありますが、ネガティブに襲われ「でも大丈夫、あの手記(or返信)を読んであの感覚を取り戻そう!」と読み返してみても初めて読んだときの感覚は何も起こらない

    >密封パックを開けた時の最初の香りは
    あなたの中に漂うのだ

    やっぱり最初だけなんですかね?あの感覚も香りのように一瞬だけ薫って消えてしまう

コメント・質疑応答

  関連記事

人生を最高に旅しよう
心の静寂
現実という夢から覚めて自由になる練習
正義という影
本当の人生を掴む
スピリチュアルと現実の関係について
流れる粒子のなかであなたは夢をみる
粗大ゴミと人の死