自由意志の正しい理解を深めて、いまここで自由に触れてみる

何度も手記にしているが
定期的に起こる内容のようで
その循環に従おう

あなたにとって自由とは何かね?

  • 何でも思った通りにできること
  • 何にも束縛されないこと

それは正しい
その通りだ

だがそこへ辿り着く道を
誰もが誤っている
あなたはその現状から出た先に
自由があると考えている

そうじゃないよ
その中に自由があるのだ

そこにある状況とひとつになるとき
上記2つの境地が開くのだよ

何かから自由になろうとするのではなく
その中に自由を見つけなさい

 

そこにいるということが、自由

よくスキーやジェットコースターを
喩え話にするがね、
それは日常の何気ない瞬間のことを
指している

あなたがそこにいる時点で
すでにコースターの中なのだ

「このまま行ったら急降下だ、嫌だ」
と拒んで泣き叫ぶのは
コースターに乗る自分がいるという
解釈から起きている
自他分離の苦というやつである

そうではなく
コースターやコースを含めたすべてが
「あなた」という単一の実存なのだよ

マインドの解釈を捨てない限り
「じゃあ人生は決まっているのですね」という
あなたはいつもそう聞いてくる

だが教えて欲しい
それは自然の法則の話なのだろうか?
それとも解釈という幻想のことなのだろうか?

幻想を捨て去るとき、そこに
ごく自然な道が広がっていることがわかる
その道をただ歩くことが「自由」なのだ

つまり、その道を歩くこと自体が

  • 何でも思った通りにできること
  • 何にも束縛されないこと

それらとイコールなのだよ

だから最初から自由はそこにある
すべての動きの統合が「意思」なのだ
あなたの脳裏に浮かんだものだけが
意思なのではない

いまいるそこが、すでに自由なのだよ

これは自他の概念がある以上は
理解することが難しい
「自由」に意味を求めるからだ

だからまずは状況とひとつになりなさい
苦難でも不幸でも
それを身に纏いなさい

思いを切って着込んだときに
その服の中は
とても居心地が良いことに気付くだろう

恐れだと思っていたものが
中に入ってみれば
実は喜びに満ちている
なぜなら自分自身にタッチしたからだ

「明日になれば笑い話さ」
そんな格言が意味するように
ただ過ぎゆく光景には何の力もない

すべての苦しみは
それを避けようとしていた
あなたの妄想なのだよ

スピードとひとつになりなさい
宇宙を駆け巡りなさい
それが生というものだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. さノかな より:

    こんばんは。

    どうして自分さんは掃除するのですか。 ゴミとは一体になれないから、排除するのですか。

    • -自分- 涅槃 より:

      さノかなさん

      こんばんは

      >どうして自分さんは掃除するのですか。
      >ゴミとは一体になれないから、排除するのですか。

      それは愚問とわかっていながら
      質問していることを願うがね

      無論、散らかっていると不便だからだよ

      大事なのは「ゴミと一体」となるのではなく
      「掃除をすること」と一体になることだ
      それがサマーディだ

  2. さノかな より:

    こんばんは。

    虫の場合もそうなのですか。 家の中で出ると、とても不快で、恐怖と殺意しか芽生えないです。 私は一匹の虫と一体になれないです。

    • -自分- 涅槃 より:

      さノかなさん

      よろしい
      ならばその殺意とひとつになりなさい

      イエスがこんな話をした
      「幼子だけが神の門を通ることができる」
      だから中年オヤジが幼子になるのかね?
      そりゃただのアブノーマルだ

      一匹の虫になるも
      リングで戦うファイターになるも
      覚悟を決めた女優になるも
      どれも同じだよ

      それらの方便は「状況とひとつになること」
      を意味している

      生に飢えることだ
      肉体が求めるままに突き進むことだ

      どんな小さなことも、
      “生きるため”にやりなさい

      時折、自分に問い掛けると良いだろう
      「生きてるってどんな気分だ?」とね

      あと本書は言葉で伝えるものだから
      あなたは読解力を養うことが必要だ

      手記には頓知的な問答を絡めたものも多い
      だから普通に読んではいけないよ

      言葉の背景にあるものを汲み取りなさい

  3. さノかな より:

    こんばんは。

    アブノーマルの基準が微妙な感じですが…

    >言葉の背景にあるものを汲み取りなさい

    気をつけてみます

    • -自分- 涅槃 より:

      さノかなさん

      あなたの一連のコメントの限り、
      対象に意識を取られているから
      日頃から内側に意識を向けるように
      心掛けることだ

      ゴミや虫になってはならない
      つまり他者や社会の目で
      生きてはならないということだ

      あなたが発信地となりなさい
      それが「駆け抜ける一匹の虫になる」だ

      だが虫になってはならないよ
      そういう話ではない

      自分自身を生きる、ということだ

  4. まちぞー より:

    幸か不幸か急滑降のないコースターなのでスピードと一体になれません

    • -自分- 涅槃 より:

      まちぞーさん

      >急滑降のないコースターなので
      >スピードと一体になれません

      あなたがスピードだ
      外側は何も動いていない

      だから勾配のない人生に見えるなら
      それはあなたがそう決めつけているのだよ

      その暮らしの中で
      何かを見つけなさい

      人生は矢のように過ぎる
      あなたは速さという概念を
      超越しているからだ

      外側に求めてはならないよ
      それが人生最大の罠だ

  5. M子 より:

    感情とインスピレーションの違いを教えてください。
    ある出来事が起きて何かの選択が必要な時、今までの記憶からの感情的な判断なのか、インスピレーションなのかの違いはどうしたら分かりますか?
    インスピレーションはどこから来るのですか。

    • -自分- 涅槃 より:

      M子さん

      感情とは
      あなたの過去のデータの参照だ
      辛い、悲しい、腹が立つ、思い出し笑い、
      意味付けされた幸福感、不幸など

      インスピレーションとは
      過去のデータを参照しないものだよ
      理由のない笑い、意味なく悲しい、至福、解放感

      上記が基本要素となる

      感情が起こるときとは
      インスピレーションが先に起きている
      それを知ることが大事だ

      突然何かが沸き起こり(インスピレーション)
      あなたはそれを過去の何かに紐付ける(感情)

      だから感情で動いてはならないよ
      それはマインドの制御下だ
      小さな枠の中の判断基準しか選択が起こらない

      インスピレーションは
      マインドが意味付けできないもの
      だから選択肢という概念すらない

      そこにそのまま流れる、ということになる

      例えば「なんだかトントン拍子に進んだ」
      そんな経験はないかね?
      それはマインドの算段を加えず
      コトが起こるがままに任せたということだ
      それがインスピレーション

      インスピレーションがどこから来るかといえば
      仏教用語になるが、
      因縁生起という総体のマトリクスから来る

      来る、といえば語弊がある
      総体の動きそのもの、のことだよ

    • M子 より:

      選択肢がある段階でインスピレーションはやってきてくれないのでしょうか。
      ある出来事が起きて、選択肢が私に委ねられた時、その答えを出すためには何を基準に答えを出せばいいですか。

    • -自分- 涅槃 より:

      M子さん

      >選択肢が私に委ねられた時、
      >その答えを出すためには何を基準に答えを出せばいいですか

      あなたが迷うということは
      マインドが稼働しているからだ

      「答え」「〜ためには」「何を基準に」
      そのコメントに充分現れている

      それらを捨てなさい

      いつも伝えている通り
      求め得るものは
      制限された手段しか起こさない
      だからあなたは
      あらゆる手立てをしてきたのに
      どこか満たされていない

      つまり逆なのだよ
      自分を固持しないときに
      道は開かれる

      「あなた以外」に委ねてみてはどうかね

      大多数がそこにいるなら
      彼らの意見に任せてみる

      家族が熱っぽいらしいが
      あなたは忙しいなら
      自分を捨てて家族を優先する

      あなたに迷いを起こす直前に
      やってきたものがインスピレーションだ
      そこに自分の都合を加えるから
      あなたは迷うのだよ

      流れに従いなさい
      意識敵に自我を消滅させることで
      「流れに乗る」ということが
      だんだんわかってくる

  6. 困ったさん より:

    googleのロゴが新しくなるようです。
    手のひらで前の文字さっと消して可愛い丸文字に変わってカラフルになる映像が可愛いと思いました。

    ありがとうございます。

    • -自分- 涅槃 より:

      困ったさん

      早速チェックしてみたよ
      ありがとう

コメント・質疑応答

  関連記事