平凡な日々を最高の人生に変える基本術

あなたの人生はどのような光景だろう
躍動感に溢れているならエクセレントだ

不幸に染まっているなら
そこにもっと入り込みなさい
逃げ腰だからそれが不幸に見えるだけだ
出来事には何の力もない
あなたがそこにいるか、いないかだ

起伏なく平凡で無味乾燥な毎日ならば
いますぐ見直さなければならない

なぜなら余生の40年間は
数分間と変わらないからだ

未来とは”いま起こした行動”で決まる
つまりフラグを立てない限り
何の変化も起こらない

言い換えれば未来とはいまのことであり
それらのカードは
同じ卓上に並んでいるのだよ

 

いまも光速を超えて進行中

あなたの「いま」が
どれだけスピードに乗っているか
おわかりだろうか?

「平凡で勾配のない人生だ」
「だからスピード感なんてありゃしない」

それは自分でそう決めているだけであり
実際はそうじゃない

あなたは「常に体験の針先」にいるのだ

体験の針先とは、
すべての速さを超えたスピードを意味する
あなたはいつもそこにいる
無論「スピード」とは単なる文章表現だ
速さの概念を超えているということだよ

それに気が付かない限り
無意識に日々は流れ
気が付いた時には
「空白のような人生だった」となる
時間なんてものは最初から存在しない
今日というカードをめくれば
裏側には死が描かれている

だからといって、会社をすぐやめて
バックパッカーになれとか
そういう話ではない

いつも夜食はコンビニばかりだから
今日は食材買って料理に挑戦しようとか
そういう些細なことでいいのだ

いつも何か変動を生み出しなさい
インスピレーションのままに
コトを起こしなさい

「いまは〜が足りない」
「いまは〜なれない」

それらは外側に何かを求めている典型だ
それじゃいつまで経ってもそのままだ

内側から沸き起こることに
あれこれ理由を付けることなく
そのまま流れていくこと

それが最高の人生を歩む基本となる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. たかみ より:

    自分さんこんにちは。他の手記でのご返事ありがとうございました。まだ理解ができておらずその返事はまだ書けていませんが、この手記が私にタイムリーだったのでおじゃまします。
    誰を好きだなんだどうしようばかり考えていて自分の世話をここの所ちゃんとしてませんでしたが、涅槃の書を読み進めつつ私は在る瞑想をしだして数週間、何故だか何ヶ月ぶりに急に自炊をし始めました。そして床も磨き出しました(笑)ほんと笑えるくらい突然です。特に「よし、自炊するぞ!」と思ったわけではないからまた可笑しいです。風通しがよくなったというか、これも循環なのかなと思います。
    自分さんいつもありがとう。

    • -自分- 涅槃 より:

      たかみさん

      あなたの明るい話は
      多くの人にパワーを与えてくれる
      ありがとう

      それまでのあなたは
      その沸き起こる”何か”に抵抗していた

      「今日は忙しいから後にしよう」などね

      だが流れ来るものを
      抵抗なく流していくときに
      至福が訪れる
      世界があなたを祝福する

      とてもシンプルなのだよ

  2. A より:

    自分さんこんにちは。

    私も自分さんの写真見てたら、だんだん料理がしたい衝動が抑えられなくなって
    今では人生初のお弁当生活です。本当に突発的でしたが結構続いてます。
    料理してるととにかく楽しくて、自分を忘れて没頭してました。

    料理してきちんと生活すればするほど、部屋が綺麗に保たれていきます。
    キッチンツールも今の気分に合わせて総取っ替え。大人買いです。
    そして近所で何が買えるか散策するように。
    私、生活ってものをしてなかったようです。引越しした気分に近いです。

    今まで恋人がいないと料理作ったり、近所の散策しなかった。
    この楽しい気持ちは恋人関係ないとまた実感できてようやく頭以外でも体感できる様になってきました。

    気づいたら料理に没頭していて余計なネガティブを考えくなってました。
    でも、昨日突然悲しい、寂しいという感情が沸いてきました。
    恋人がいないから寂しいとかの種類じゃない、なんかもっと本質的というか根本的な性質でした。良く分からないのでただ感じる様にしましたが・・・

    でも生活が一変してとにかく楽しいです。自分さんにいつもの御礼をかねて一番最初の料理はアボガドとカニのタルタルにしましたよ。いつもありがとうございます。

    • -自分- 涅槃 より:

      Aさん

      こんにちは
      新しい風が吹いているね
      とても良いことだよ

      >でも、昨日突然悲しい、
      >寂しいという感情が沸いてきました。

      少し時間が掛かるかもしれないが
      先に書いておくよ

      実は最初から誰もいなかったということを
      新しい暮らしの中で
      微かに悟ったのだよ

      これまで概念の中で生きてきて
      それを認められないマインドがあるから
      あなたはまだ意味がわからないだけだ
      意味を求めなくなったときに
      その寂しさは消える

      それと同時に世界は
      あなただけのために広がっていることに
      理屈を超えたところで深く納得するだろう

      あなたの関わるすべては
      あなた自身だったのだよ

      食材も料理をしている自分も
      そして触れあう人々も
      大切にしていけるはずだ

      >一番最初の料理はアボガドとカニのタルタルにしましたよ。
      いつか機会があれば
      ご馳走になりたいね
      ありがとう

  3. まちぞー より:

    さとりには静かな世界というイメージがあります。
    平穏な穏やかな日常とさとった世界はちがいますか?

    • -自分- 涅槃 より:

      まちぞーさん

      観照のエリアを人間的な解釈で現すならば
      形も音も、”向き”もなく
      ただ漠然とここに広がる空間のようなものだ
      それはひとつの巨大な”目”であり
      その視界に「騒がしい世界」が映っている

      あなたのいう穏やかな日常とは
      それも”騒がしい世界”のことだよ

      もっと質の違うものだ
      それ自体が”表現をするもの”ゆえに
      概念のないところとなる

      以前に手記でDVDとデッキの関係を述べたが
      まさにデッキのポジションだよ

      すべてを記憶だと喝破しなさい
      その「記憶」を見ている者はどこにいる?

  4. Aslan より:

    もうひとつ何かが起こらないと、こっちから歩みを進める事もない。
    インターホンが鳴らない。

    鳴らぬなら鳴らせてみせようホトトギスか。

コメント・質疑応答

  関連記事