わずかな努力で現実は大きく変わる

巷でよくいわれる努力論に
「1.01の法則と0.99の法則」
というものがある

いまの自分を1として
そこから毎日
0.01の努力を積み重ねていくか
0.01の手抜きの日々を送るか

それが1年も続けると
大きな違いになってくるというものだ

計算してみれば
1.01の365乗で約38にもなり
0.99の場合は約0.03にも下がる

つまりわずか0.01の違いが
1年後に38倍になるか
それとも0.03まで小さくなるか
というわけだね

もちろん数値自体が重要ではない

38倍の自分がなんであるかとか
もう少し努力して1.02とかにしたら
1377倍になって意味がわからないとか
そういうことではなく

1である自分(つまり現在の世界)が
相対的に拡張または縮小されるには
わずかな変化の継続によって変わる
というところがこの話の肝となる

変化を促すのはあなただが
結果として変化するのは
「あなたを含めたこの現実世界となる」
ということだ

だからこの話で大事なのは
自分自身のステップアップとは
自分を取り巻く「世界そのもの」の
拡張であること

つまりあなたがほんの少しだけ
生き方に変化を加えるだけで
他者の姿も日々の物事も
まったく違ってみえてくるようになる
ということにある

 

1.

さてここでいう「努力」というのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事