すべてが幻想

家族と暮らしているなかで
自分は存在していないと
想定してみよう

透明になるということだ

もちろん家族はあなたに話しかける

しかしあなたは存在しないのだから
家族の話や行為をすべて
肯定しなければならない

本当にあなたがいないなら
世界はまさにその通りに
ありのままで流れているからだ

慣れてきたら今度は外に出かけて
透明になってみようか

レジで店員とやりとりをするとき
あなたは存在しないのだから
一切の詮索もなく
ちゃんと相手の姿を見ることができる

照れたりとか
変に思われたりしないかとか
そんなことを考える人はいないのだ

あなたが透明であるとき
そこにあるのは
世界がただ動いている様子だけ

何かが視界に入ったのなら
予想や空想で片付けるのではなく
まっすぐにそれを眺めること

何が起きても
常に直接的な関係を結び続けること

たとえばそれが人であって
話しかけてきたならば
相手が話すままに任せてみよう

つまり透明であるというのは
「この世」を撮影している
ビデオカメラのようであるということだね

食べたりするときは
手やあごが動いている様子を
静かに眺め続けてみる

あなたは透明なのだから
その動いている体はあなたではない

もちろん社会生活上
完全にすべてを肯定できない場合もあるが
それ以外はなるべく透明化を基本に
生活してみることだ

やっているうちに
だんだんコツがつかめてくる

 

1

さてこうして透明化を続けて
己が存在せずとも
世界が動いている様子を眺めていると
あることが明らかになってくる

それは「自分」というのは
考えるときだけ存在していたという事実だ

個性や性格、アイデンティティ
こだわり、主張、
日頃抱えている不安や希望など

そんな一切が
思考をしている最中にのみ
存在していたことを知る

つまり「自分」は
幻想だったことに気づくわけだね

現にこれまでも
あなたが気軽に生きられていたとき
それは自分の心の状態を
特に意識していないときだった

ただ世界が流れていることを
あなたは認めていた
つまりノーマインドだった
それゆえ平和を見つけていたのだ

 

2

そしてこの気づきは
より強烈な気づきへの扉を開くことになる

自分が透明化になっても
他の人たちは依然としてここにいる

家族や店員はこちらに話しかけてくる

自分が幻想であるならば
じゃあ自分に関わっている人々や物事は
いったい何であるのかということだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. imacocojin より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事