AIと自我と温もりと

AIとの葛藤を描いた映画は多いね
ターミネーターとかが有名だ

人工知能(AI)と
人間たち(レジスタンス)との戦い

人類が生み出したマインドとの
戦いというわけだ

このように書いてしまえば
察しがつくだろうけども

たとえば「ターミネーター」という
激しい葛藤の世界とは
まさにひとりの人間の心のなか
置き換えることができる

もちろんこうしたアレゴリーは山ほどある
というより人間が創作するものは
すべてがそうだといえる

あなたの好きな映画や漫画などは
多くの登場人物や
様々な設定が施されているけども

その背後に流れる本質的なものは
ジャンルや内容を飛び越えても
みんな「同じもの」なのだ

これが今回の話の鍵となる

 

1.

さて現代のコンピューター工学の現場では
AIが自己意識を持つことができるかが
目下のテーマとなっている

意識というのは人類が追ってきた
もっとも深い謎のひとつであり
科学的な分野においては
いまだはっきりとした解明はできていない

ある意味で驚きがあるね

宇宙へ飛び出して未知なる世界が
明らかになっていくというのに
それを明らかにしている人間のことは
まったく明らかでないのだ

どうして明らかにできないのかといえば
それにはこういうカラクリがある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事