「この世は私だった」と思い出すための手引き

どうすれば「この世は私だった」とあなたは感得することができるのか。

それが否定される最大の理由には、日頃の人間関係や社会生活を通じて、自分の思い通りにならないと常々感じていることにある。

そう、この世は”自分”の思い通りにはならない。

なぜなら自分とは、あなたの”なか”に現れている存在であるからだ。魚が海を変えることができないのと同じ。大きな敵が現れたら逃げなければならないし、水温の変化に応じて移動を強制させられる。

そうして自分はいつも他者や出来事の”被害者”でしかない。

そんなわけだから、”自分”が「この世が私だった」と理解するのは無理があるだろうし、そればかりか「この世は”自分”である」という中途半端な宗教やスピリチュアルの理解によって大きな誤ちをおかしてしまうことになる。

つまり自分の欲望を満たす場としてしか「この世が己である」という話を受け取れない。自分が基点であるかぎり、それ以外に受け取りようがないんだ。

 

“自分”の誤解

しかしどうして欲望を持っているのだろう?

もうその時点で他者の”被害者”だということになるね。他者というのは人だけでなく物事や理想もそうだ。

あれがほしい、これがしたい、そんな具合に「自分の欲望」とは常に他者への欲望であり、つまり自分が欲望を満たしたいのは「他者あるからこそ」にある。

ところが「他者」はいつもあなたから逃れ出ていく。たとえそれを手にしたとしても、するりと抜け出して別の姿でまた”自分”を誘惑しはじめる。あなたはただそれを追いかけ続けるしかない。

だが「この世は私」であるならば、どうして逃れる他者にいつも振り回されるのか、ということになるね。

だから逆なんだ。

その他者こそが「あなた」であり、つまり”自分”という存在は、その他者である「あなた自身」を証明するために現れているにすぎない。

それゆえに「常に他者の前に”のみ”、自分は現れている」という日頃の事実に気づかなければならない。

 

いちばん最後に知る本当のこと

たとえばあなたが誰もいない孤島で生まれて、やがて私と出会ったとしよう。するとあなたの人生というのは「私と過ごした記憶ばかり」となるね。

あなたは私に笑ったり、私に腹を立てていた。いつか仕返ししてやろうとか、いつかこれをプレゼントしてあげようとか、そんな”自分”を生きていた。

ところがやがてあなたが”この世”を去るとき、その最後の瞬間にすべての誤解に気づくんだ。

そう、あなたはこの私だった。

そうして人生を振り返ってみれば、一時的な関係だと思っていた人は、実はその人の存在こそが、その時々のあなたの人生そのものだったとわかるだろう。

その人の生い立ちや、どこかでなにかをしていた話など、自分には無関係のことだと耳にしていたことが、実はあなたそのものだったんだ。

 

指は動かしているのは誰?

もちろんあなたはいうだろう。

「自分以外が私だっていうなら、じゃあこの「自分の体」はなんだというのですか? 自分の思い通りに動くし、怪我をしたら痛い、それは自分だからじゃないのですか?」

だからあなたは体という”実体”を通じて、それゆえに”自分”は確固たる存在であると言い張るわけだ。

だけどもそれもまた錯覚なんだ。

その”体”とやらは、たしかに”あなたのなか”にある。だがあなたが知っているのは、体の動きや、体が感じる痛み、つまり体の「感覚」だろう。動きや痛みを知るゆえに、そこにあなたは体をみているんだ。これもまた同じ話であって、”他者”の影である自分がその都度そこに現れているにすぎない。

たとえば自分の手を眺めて「指よ動け」と頭で念じてみるといい。

念じるだけでは指は動かないね。じゃあ指が動いているとき、それはいったいどうして動いているのかをよく観察してみることだ。

動いている指をみてみようか。そうして動いている指は「自分が動かしているのではない」んだ。動いた指をみて、自分が動かしたと思っているだけなんだよ。

指を人に置き換えてみよう。

先の孤島での「私との暮らし」のように、あなたは他人の態度に腹を立てたり嬉しがったりするが、それはまさに「動いている指」を自分が動かしていると思い込んでいるのと同じなんだ。

つまり自分の感情と思っているものはただの思い込みであり、ただそこに漂っている感情をあなたは”自分のもの”だと信じ込んでいるにすぎない。

 

“この世”の黒幕

では指は誰が動かしているのか。それは”自分”ではなく、”あなた“なんだ。

「え?」となるね。

だがその「まったく言ってる意味がわかりません」というあなたの驚きにこそ、あなたは現実を自在に変えられる錬金術師であるにもかかわらず、自らでその力を封じていることを表明しているんだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

「気にしない」の極意
人生の罠を回避する
人生がすべてうまくいくようになる方法

   Notes

人生を望み通りの映画にかえる
神なるひとつのなかで
魚の目に水見えず(前編)
世界に龍が飛び回る
地獄からの脱出
-->