その道はこれから造られていく

好かれようとか認められようとすると
人生はどんどん苦しくなる

よくいわれることだね

目の前には途方もない道が伸びていて
いつもそれに圧倒されている様子にあり
つまり他人のなかに己が存在しているわけで
そうなると満足に呼吸さえできなくなる

逆に別に嫌われてもいい
どう思われても構わない
殴られても前に踏み出していきたい
燃え上がる情熱のまま灰になってもいい

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->