あなたを通り抜けようとするもの

たとえば別に大したことをしたつもりはないのに、人からとても感謝されることがあるだろう。一瞬返答に困るような状況だね。「え、いや・・」みたいな。

ケースは様々だけども、屋外なら老人や小さな子を連れている女性から、感謝を伝えられることが多いかもしれない。もしかすると名前も知らないおばあさんに「ぜひうちで味噌汁飲んでいけ」と招かれたりした経験があるかもしれない。

相手は喜んでいるわけだし、あなたは心構えをしていないばかりに少々面倒だなと思いながら、それなりの対応を済ませる。

表面的には笑顔でいるけども、もちろん感謝されることに特別な実感はない。

あなたは何かをあてにしていたわけでもなく、何の期待も持たずにただ行為していただけなのだ。いわば勝手に相手が喜んでいるにすぎない。

1.

だがいいかい、これがあらゆることの基本なのだ。あなたの歩んだ後ろに豊かな世界が創られるということである。

たとえば商売に置き換えてみれば、この人と人の間を通過していく感謝がお金の正体となる。恋愛でみるならばそれが相手の好意となる。政治や芸能活動ならばそれが支持層というやつになる。

つまりあなたが獲得を目的とすれば、自分の手だけに収まるものしか掴むことができないが、あなたが獲得を目的とせずに活動するならば、多くの手が掴んでくれるわけだ。

ここで重要なのはその感謝という流れは、己の信念(世界観)に適合した姿に変えて現れるということである。

たとえば商売が順調にいっているとき、それは多くの顧客に喜ばれているだけではない。商売に関わるあらゆるもの、料理店を経営しているならば、出先で新しいメニューのアイデアを発見したり、仕入れがこれまでよりも有利になったり、世の中の動向が自分の店が流行するような兆しをみせはじめたりする。

つまり世界全体があなたをサポートしてくれる。

2.

これは見方を変えてみれば、あなたが料理店を経営できているのは、世界が必要としているからであって、あなたは単にそのパイプでしかないということだ。

恋愛ならば

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. hare より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. hare より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. hare より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事