NOがYESに変わるとき

人間は意味を生きる存在だ

だから何でもないような
意味の見つけられない日々を
当たり前のように過ごしてしまう

あとで何をしようだとか
あれを買いに行こうだとか
いつも頭は外のことで埋もれている

そんなことだから
いま目の前にあることへ
全力で取り組めない

ゆえに仕事は苦痛なものであるし
退屈をいつも感じてしまう

他人や物事について
「受け容れるという意味がわからない」
と質問されるけどもそりゃそうだ

意味を与えないことが
「受け容れる」ということなのだから

意味ばかりを求めて生きていると
自分がいまどこにいるのかを
忘れてしまう

そうしてあとで気づく

不安か退屈しかないと思っていたのに
自分はとても素晴らしい日々を
生きていたのだと

あの平凡な日々が
どれだけ幸福で豊かであったのか
なぜ自分はいつもそこから
離れようとばかりしていたのか

頭のなかの妄想世界に囚われて
いつも出口を探していたが
本当はずっとここにあった神秘の上で
同じ場所を旋回していたのだよ

 

1.

だいたいの人は死ぬ間際まで
不安と退屈に塗れた人生を過ごし続ける

もう先がないとわかっても
「何をして気を紛らわそうか」
「何をしたらいいのだろうか」
という人が大半だがね

いつも満たされない空虚を抱えて
最後の最後まで
人生とはなんだったのかと
わけのわからないまま
この世を去っていく

だがほんの少しでも
過ぎていく日々に洞察の目を持てたなら
躍動と感動に満ちた
リアルな生命へ踏み出すことができる

死を待たずして
生きながら解放されるということだ

何から解放されるのか
それは人間の頭の世界から
解放されるのだ

つまりたったの6畳間に
すべての人間が押し込められて
みんなで不安になり
みんなで退屈になってるような

そんな息苦しい世界から
ドアを開いて外に出ることができる

 

2.

だから意味付けから
離れなければならない

「これはこうである」という
強力な粘着を引きはがさなければならない

私が「いつも神がそこにいる」といえば
あなたは神を探してしまうが
そうではない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. michishirube より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • michishirube より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. 甘木 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事