内なる楽園を開拓する

全体性と個人性
言い換えれば「聖と俗」
そのシーソーがある

人間はどちらへも傾けることができる
無論「傾ける」ということ自体が
俗なる世界での話となる

本書の手記の内容も
全体的か人間的な範囲か
主題とするものを
そのどちらかに振っている

宗教的な人々が聖なる領域を見出すように
手記にも双方に連絡する「通路」を
つくるようにしているがね

つまり私たちの生きているこの空間は
均質ではないということだ

地理的な空間でいえば
聖地というものがあるように
あなたの生活という空間上にも
その聖地を創り出すことができる

つまり何もないそこに
何かを見出すことが大事なのだ

それ自体には正解はないし
正解をみようとしてはならない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事