この世という幻影

世界が幻想であることを見抜くには
意識の目を養う必要がある

これは内観や心眼などとも呼ばれる

簡単にいってしまえば
「記憶を観る」ということだ

なぜ「記憶」なのかといえば
いま目の前で起きていることは
本当はそこでは
何も起きていないからだ

観ることはリアルタイムだが
そこで起きている物事は
リアルタイムではない

肌寒いとき
重い手荷物を持ったとき
実際にはそこで何が起きてるのか

あなたは思考を観ているのだ
つまり肌寒いとか重くて腕が痛いとか
そういうことを
「ただ考えているだけ」にすぎない

「寒さ」も「それを感じてる肌」もないし
「重さ」も「それを感じている腕」もない

思考があなたの現実を
そう見せている根源なのであり
つまり思考の妄想にいかにして
リアリティを持たせないか
それを深刻なものにしないかが
人生を自在に楽しんでいくうえで
重要な在り方となる

 

メソッド

さていかにして
「いま起きている物事」から離れようか

そのためには
考えることばかりを続けてきて
埋もれてしまった「観る力」を再び
呼び覚ます練習が必要となる

それには良い方法がある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事