白い紙に世界を描く

あなたは無限の自由空間にいる
会社を作り出し
家族というものを作り出した

以前は知らなかった建物に
いまは毎日通勤してる

お母さんやおばあちゃん
隣の家の人とは違う接し方で
あなたは家族と過ごしている

シャワーやバスタオル
風を感じること笑うこと
いろいろなものをそこに描き出した

今日の予定もそうだし
自分の考え方というのもそうだ

すべてあなたが空間に作り出して
それをそこに在らしめているのだよ

赤いコーヒーカップ
エスプレッソの香り

カップを手で持つとき
香りを感じるとき
そこから無限のキャンバスに
入ることができる

対象は何でもいい
それが「対象であること」が
すでに描いたものなのだ

 

リセットする

ひとたび無限の空間を
悟ることができたら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事