見失われる大切な”力”

世の中が便利になるたびに
大事なものが見失われていく

そんな話をよく聞くだろう

もしかしたらあなたは
「ん?自然破壊とか?」といった具合に
その意味を捉えているかもしれない

そうじゃないんだ
むしろそのように捉えていることが
大事なものがすでに失われた結果だといえる

便利な世の中になるというのは
いろんなことが
合理的になる」ということだけども

その合理性というのはつまり
すでにあった土台の上に
また土台を敷いて
さらにその上にも土台を敷いて

そうして積み上がっていく
先細りの塔のなかに
閉じ込められるということにある

それゆえ「便利」なんだが
しかしそれは同時に
何かが削ぎ落とされているわけであって

ここで大事なのは
「それが何であるのかに気づけない」
ということにある

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

母と手をつなぐ
なぜ生まれてきたのか
望まない現実の消し方
楽園の場所
大切なひとと永遠に結ばれるために
現実を変える”知恵”
見えない力を知って解決不能な問題を乗り越える
「蜘蛛の巣」から抜け出るには