家庭の問題を解消する具体的な実践

先日掲載された「良い父親であることの条件」について同種の相談を複数いただいている。同じ返答になるので手記として応えておくよ。優先して掲載しておく。

さて、どの相談メールも「父子関係の原理は勉強になったが、実際の家庭内での実践についてより詳しく教えてほしい」という様子にある。

前回、「ただしそれだけでは不十分だから、あとあなたなりの工夫や努力が必要だ」と締め括ったわけだけども、それは家庭内であろうと血縁でない他人であろうと、人間関係というのは「相手の問題ではなく自分の問題であること」を自覚することからはじめなければならないという意味で示している。

だから外での他者交流となんら違いはない。

家庭内だから己の主張が許されるのではなく、むしろ家庭内という観念に囚われているからこそ、問題をより重く感じているにすぎないのだよ。

そのため父子の”関係”の解説に留めたわけだ。その構造を理解したならば(固定観念を溶かしたあとは)、いつも話しているように他者との関係、自己世界を創造していくことと同じになるからね。

相手の問題点とは実はあなたの問題点

では、我が子の問題を抱えるお父さんたちはどのような理解を開けばよいのか。

話したように、人間社会における父と子は書類上での関係でしかない。それは法的な絆である。だがそれは関係が薄っぺらいということではない。むしろ、この父子関係の原理を深く理解するからこそ、表記上の父子という関係を超えた本性的な生命としての太い絆で結ばれるようになる。

それは人間世界の幻想を超えたということだ。だから父子問題の解消はその根源的な関係を取り戻すことにあり、それは結局のところ、我が子の成長ではなく、お父さん自身の成長なのだ。

そこを頭に入れながら話を進めていこう。

なぜ人生には問題が存在するのか

先述したように、人間関係というのは相手の問題ではなく自分の問題である。それは言いかえれば、決して他人を説得することなどできないということだ。

だからこの「すべて己の問題だった」という真理をいかにして受け容れられるかが要点となる。

つまりこの世はあなたによって創られているのであり、自らへ疑問を投げかけ、そしてその疑問に応答するという自己問答のみで成り立っている。

よって疑問(苦悩)を抱え続ける限り、それに答えなければならないというループが続く。そもそもどうして疑問が生ずるのかといえば、それは疑問に反発するから(正面に立たないから)だ。

あなたに答えてもらおうと、”あなた”はどんどん疑問を提起してくる。それが現実生成のプロセスとなる。

これを逆手に取れば、望みの現実ばかりを叶えることも可能であり(これは今回の話の大事な点なので後述する)、どちらにしても、現実そのものに飲まれていない立ち位置にいなければならない。

だから家庭関係であれ個人的な問題であれ、この自己問答システムは私たちが人間であることの最も基礎的な土台となっている。

問題は本来自然に消滅していくもの

ではどうすれば疑問を起こさないようになるのだろう? 苦悩は消え去るのだろう?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. NOTAsan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. tam02 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事