プラーナ

スピリチュアルや宗教といった
書物を読んでみると
この現実を超えたものについて示されている
本書もそうだね

大半の人はわかったような
わからないような様子であるが
その人たちは扉を開けるすぐ近くに立っている

だがまったく”意味”がわからない
こんなの理屈的におかしいという人たちが
常に一定数いる

彼らは超えるべきものが
目の前の障壁であると思い込んでるゆえ
それをどこまでも超え続けたところで
やはり理解不能な話に困惑していることになる

どうして”意味がわからない”のか

それは当然であって

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事