お金や恋愛がやってくるとき

例えばお金持ちがいるとして
あなたもそうなりたいとする
当然あなたは「お金持ちになる方法」を
世界から探してくるだろう

問題はそこで「見つかるもの」だ

その見つかったものとは
あなたの解釈を超えることはない
つまりあなたが自分で用意して隠した宝を
自分でせっせと見つけ出してきたのだ

つまり信念が世界観を作り上げている以上、
常にその中でのゲームとなる

だから芸術家にしろ
金持ちにしろ
こうやればこうなるはず、ではなく
なんとなくそれをやるのだよ
明確な理由もなく
根拠もなく

流れに触れている感覚に身を置いてみる

いろいろな考えが過ぎるが
すべてスルーだ
一度成功を掴んだ人は
それまでの姿勢が変わることで転落する

「自分のやり方」といえば格好が良いが
それは結果的にそう見えるだけであり
その道を選択するのではない

恋愛もお金も
理由も根拠もないとき
あなたは手にするのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. スチックゼノール より:

    職場で望まない昇進があったばかりの昨今。
    てゆか出世は望んでないのですが。
    そしてつい先日、社長から、事業所の管理者になることを期待されてることを、はっきり知るに至りました。
    何でこうなるのって感じです。
    私は私から逃げ出したいんです。もうこの物語はたくさんです。

    どこかに突破口があるだろうと生きてきたけれど、いわゆる「マインド」はとうの昔に疲れ果てています。
    もっと身体的に生きたいです。頭を介さずに生きたいです。嫌だと言わずに生きたいです。
    しかし、高尚を気取ってるわけではないつもりです。

    最近、たまたまクラブ(ハウスミュージックがかかってるとこ)に行きました。まさかこれほど楽しいとは思いませんでした。音を全身で感じました。今、行きたいところはクラブです。体が喜んでる感じがするから。

    • -自分- 涅槃 より:

      スチックゼノールさん
      まず会社での望んでない出来事と
      クラブでの楽しい出来事が
      ひとつのものであることを知ることだ

      科学的な話となるけども
      この世界の正体とは波だと言われている
      光の正体も波だ

      波とは上下にうねうねしてる様子のこと
      +と−を行き来し続けている

      この「行き来」があらゆる二元性を表現している
      朝と夜だとか
      熱い寒い
      男と女
      幸福や不幸

      ゆらぎの中に両極があるわけだが
      それらはひとつのものだ

      あなたの現実に置き換えてみると良い
      極端に嫌なことがあれば
      その対極が必ず起こるようになっている

      会社の話とクラブの話を聞く限りでは
      今回あなたに起こった波は
      大きい波のようだ

      セオリーとしては
      嫌なことがあれば
      どこかでパーッと発散したいとなる
      あなたのやり方は正しい

      だがいくつかの人は
      嫌なことがあったら塞ぎ込んでしまい
      +側の出来事を受け入れようとしない

      すると波はバランスを失う
      それはその人の世界にそのまま反映される

      解消されないマイナスばかりが蓄積されていき
      波はそれを消化しようとして
      さらにマイナスを送り込んでくる

      大病を患ったり
      大きな損失があったりね

      だからいいかい

      マイナスもプラスも
      目の前に来たら受け入れていくべきだ
      その姿勢が「突破口」となる

      あなたの「望まない世界」とは
      まだ妄想でしかない
      だから望まないものに見えている
      そこに飛び込みなさい
      来るものはすべて受け入れていくのだよ
      それ以外に道はない
      目の前に戦いがあれば
      戦うだけだよ

      そうしてその出来事自体が解消されていく
      目の前のことに対応していくと
      波はどんどんフラットに近付いていく
      やがて平安が訪れる

      現実としては何が起こるかはわからないが
      あなたの心の中は大きく変わっているはずだ

      クラブで身体が喜んでいたのと同じくらい
      仕事でも身体にやらせてみることだ

  2. インカル より:

    こんばんは、初めまして!私も2年前、スチックゼノールさんと同じ様に望まない昇進がありました。なにかしら自分を変えたくて、変わりたくて、変わるかも知れないと思い受け入れましたが、今は早く仕事から離れたいと思っています。
    嫌だから辞めると言う訳にも行かず、辞めるには結婚してその土地を離れるか、身体を壊すしかないのです。
    仕事は大事だが辛い。
    今まで友達や彼氏など居なくても平気でしたが、年齢の事もあり近いうちに婚活パーティーに行こうと思っています。

    • -自分- 涅槃 より:

      インカルさん
      はじめまして

      >なにかしら自分を変えたくて、変わりたくて、
      >変わるかも知れないと思い受け入れましたが、
      >今は早く仕事から離れたいと思っています。

      期待をしている以上、
      それは必ず裏切られる
      期待とは絶望とワンセットだからね

      さあどうしようか
      もしあなたがそのコインを捨てるならば
      早く捨てるべきだ
      同じ風景がループしていくことになる

      それとも
      期待を持たずに”本当の意味”で受け入れるかね?
      婚活パーティもあなたが期待を持つ限り
      それはうまくいかないようになっている

      あなたがスムーズに人生を流して行くには
      自分を捨てることが前提なのだよ
      つまり期待や希望を持たないということだ

      間違えてはならないのは
      それはそういう境地を努力して目指したり
      何かに耐えて我慢するということでは
      ないということだ

      主体的に生きるということだよ

      あなたが主体に意識を置くことができれば
      あらゆる物事は夢の中となる
      会社や孤独はあなたに何の影響も与えなくなる
      つまり「自分」が葬り去られているのだ

      そうして世界があなたとひとつになるとき
      あなたの望んでいた世界がそこに起こるようになる

      それは望みが叶うのではなく
      望みがあなたそのものだったということだ

  3. OK より:

    ー自分ー涅槃さん

    いつも、記事を楽しみにしています。

    今回の内容は、これだけ心身ともに傷んだ「私」でも当てはまるのでしょうか。まずはどうしても健康になりたいです。「自己管理」の方法をもっと早く知っておくべきだったと、後悔しても仕方ないのですが、つくづくそう思っています。

    これからも記事を楽しみしています。ありがとうございました。

    OK拝

    • -自分- 涅槃 より:

      OKさん

      あなたはたったいま、生まれたばかりだ
      そこにある記憶も過去も
      いま抱えて生まれてきたのだよ

      だから好きにやっていけば良い
      これからはあなたの自由だ

  4. TKD34 より:

    自分さんお久しぶりです。
    昇進関係のコメントが続いているため、僕も便乗しちゃいます。

    僕は文章を書くのはわりと好きなのですが、アドリブで人と喋るのは絶望的に苦手です。
    いわゆるコミュ障というやつです。

    世間的な物事にほとんど興味が湧かないため、世間話しにほとんどついていけないし、地元でも迷ってしまうレベルの方向音痴で物覚えも悪いです。

    そんなバカな自分が周囲にバレないようにと、普段はとても寡黙なキャラを演じているので、たまに賢いと勘違いされてしまうこともあります。

    そのためなのか先日、会社の上司から「新事業に参加してほしい」と頼まれました。
    死角からの突然の提案だったのですが、
    「おっ、これは涅槃の書で書いていた予期せぬ展開ってやつだな。なんか知らんけど、この流れに乗ってみよう」
    と、軽くOKを出しました。
    普段の僕らしからぬ選択です。

    そのまま流されていって4ヶ月ほど経ちますが、なんだかどんどん望まない方向へ進んでいる気がしてきてならないのです^^;

    ゆくゆくは事業部長的なポジションについてもらいたいとのことを打診されているのですが、そんなことに僕は全く魅力を感じません。
    能力的に、僕に適性があるとはとてもとても思いません。

    なんだが、どんどん自分の特性とは離れてしまっているように感じます。
    正直、仕事があまり楽しくないです。

    自分さんは御自分の特性を活かしたビジネスをされており、とても充実してるように思えるのですが、どういった経緯でそのような世界を創れるようになったのでしょうか?

    やっぱり自分さんのように賢くないと難しいですか?

    • -自分- 涅槃 より:

      TDK34さん
      久しぶりだね、元気にしてたかね?

      自分を捨てることだよ
      それがある限り、あなたに光は届かない

      あなたが自分を捨てると
      興味があるとかないとか
      得意なことや苦手なこと
      望むべきこと、そうでないこと
      そうしたものがすべて消滅する

      あとは自然の法則の通り
      身体が勝手に動いているのを眺めるだけだよ

      私は充実しているが
      それは充実させようとしていないからだ

      世界の流れに乗っているが
      何かを引き受けているわけでもない

      このブログが良い例だね
      よく「多くの人達の対応をされて」と話を頂くが
      私は自分のためにやっているだけで
      誰かのためにやっているのではない

      あなたもそうでありなさい

      あなたが理想としたり羨望する人達というのは
      あなたと真逆の方向にいるのだ

      つまりあなたと彼とで二元性の天秤となる
      その天秤自体を司るとき
      あなたは自分を超えることができるだろう

      あなたの「自分」とは
      他者という目線で浮き上がった自分のことだよ
      それは本来の自分自身ではない

    • TKD34 より:

      >あなたの「自分」とは
      >他者という目線で浮き上がった自分のことだよ
      >それは本来の自分自身ではない

      「僕」は、他人の目によって作られた幻の人格なんですね。

      独りでいるときは静かでいれるのに
      誰かといるとどうしてもお馴染みのストーリーに入り込んでしまうのは、
      他人の目を通して自分自身を創り上げているからなんですね。

      でも、「こんな自分もう飽きた!」っていつも思うのですが、
      どうしてもお馴染みの反応を繰り返してしまいます。

      >つまりあなたと彼とで二元性の天秤となる
      >その天秤自体を司るとき
      >あなたは自分を超えることができるだろう

      憧れの彼(例えば自分さん)と、それと比較して欲求不満を抱えている僕を、
      ここから静観していればいいということでしょうか?

      「世界を見ている者」という立場でいても、
      やっぱり世界を見ている者としての「自分」が立ち上がってしまうため、
      どうしても判断が起こってしまいます。

      さらにこの位置からだと、どうにか人生を思い通りに作り直せる気がしてしまって、色々と試してみたくなるのです(最近はアファメーションに手をだしています(苦笑)でも目に見えた変化はまだ起こっていません。

      >自分を捨てることだよ
      >それがある限り、あなたに光は届かない

      目を閉じている時は落ち着いていられるので、
      「耳で歩く瞑想」を試してみようと思います。

    • -自分- 涅槃 より:

      TDK34さん

      >「世界を見ている者」という立場でいても、
      >やっぱり世界を見ている者としての「自分」が立ち上がってしまうため、
      >どうしても判断が起こってしまいます。

      さきほど別の方にもしたコメントだが
      自分の心をいつも観察することだ

      怒りや惨めさという感情が
      ふーっと浮かんでくる瞬間を目撃するだろう

      それを遠くで観ていながら
      あなたはわざわざ芝居を演じている

      「怒りが出てきたぞ、怒らなきゃ」とね

      感情や思考はあなたではない
      あなたはそれを観ている者だよ

      「わざわざ演じている」という段階がある
      そこに気付くことだ

  5. aslan より:

    言葉遊びみたいになりますが、自分さんは理性と思考は分けて考えてます?
    思考は無意識であるのに対して理性は意識的なものであり、
    思考は自我に従属しているのに対して、理性は自我を超えている、など。

    • aslan より:

      私の理性はこう告げている。
      睡眠はしっかり取れ
      食事は食べ過ぎるな
      悪友とは付き合うな

コメント・質疑応答

  関連記事

嘘の自分を乗りこえていく
息を止めると思考が止まる
無限の画廊
光を備えるときあなたは創造主となる
世界をそのまま見る方法

2015.02.23    Notes , , ,

自己を実現する
不幸の理由を知って自分を解放する
自分が化け物であることを知る