あの世とこの世

幸せなときほど自覚できないものだ

なぜなら本当の幸せとは自分が
消え去っていることであるからだ

逆に自分が際立っていたときのことは
よく覚えているだろう

それを不幸という

 

もちろんあなたは反論する

「たしかに他人に思い煩っていたり
辛かったときは記憶に強く残ってる」

「でもみんなに好かれて
自分でもそれを感じながら
とても乗りに乗っていた頃もある」とね

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

運命という台本を書きかえる
一者のみてる夢
映画監督の「はいカット!」
不安を相手にしない生き方
眠りから目を醒ますということ
それは確かにあった
人間関係が円満になるとき
くらべないとき本当の世界が現れる