体と心の関連について

嫌な出来事があると
腹に石が詰められたように重くなったり
あちこちがズキズキしたりするだろう

いまこうして文を読んでいるだけでも
それが起きたかもしれない

文を読んだだけでそうなるのは
連想される出来事が再現されたからだが
たとえその記憶がはっきりしなくとも
体だけは即座に反応をしたことになる

ここが重要であって
今回の手記の要点となる

まずはこのように心の状態が
体に即座に現れることを覚えておこう

さてこうした体の反応は
見方によれば心のサインという
便利な機能でもあるのだけども
それに伴ってひとつ厄介な点がある

それはまったく何も出来事がないのに
腹の鈍重さや痛みを感じているとき
いつもの連動の習慣から
「自分はいま嫌な気分なんだ」と
錯覚してしまうことにある

すると連鎖的に
「何か嫌なことが起きるのではないか」とか
何の罪もない単なる出来事に
自分は攻撃されていると思うようになる

つまり通りがかりの人たちの言動や
いつも通りのはずの物事が
あなたを襲い始める

もちろん嫌な予感は「的中」しまくり
世界は地獄の光景として映るようになる

そうなるとあなたは他者や物事に
疑心暗鬼となるわけで
そんな態度を知るも知らずもとってしまう

当然そのような態度は
世間は許してくれない
何かしらの報いを受けて
ますます悪循環にはまりこんでいく

本来は「心→体」への反応だったものが
「体→心」が出発点となるわけだ

すると心のネガティブを受けて
体内の石ころはさらに重さを増す

もちろんあとは
体→心→体→心→と再帰的に増幅していく

歴史なんかでよくある話だね
大きな争いになって
互いに憎しみあっているのだけども
そもそもの原因を探してみたら
どこにもそんなものはなかったみたいな

つまり「何だか嫌な気分がする」というとき
それは本当に出来事からそうなのかを
見極める必要があるというわけだ

 

1.

この原理を理解すれば
あなたの人生はとても軽いものに変わる

なぜなら出来事が嫌なこととして
受け取られるのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. Minnie より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

いくらでも願望は実現できる
当たり前すぎることに目を向けるとき扉は開く
ネガティブな感情から逃れたいなら(2)改訂
高次元に移行して自在なる存在となる(1)
自己を破壊して自在なる力を手にいれる
社会で生きていくために(3)
世界は実にうまいことできてる

2014.05.19    Notes , ,

自分が眠っていることに気づく