不死とエゴ、そして新しい人生(1)

新しい1年がはじまる。最高の人生を歩むコツは、社会や他人とはどういうものであるかを知り、そして古い自分の執着の存在を知り、それらの間をすり抜けていくことにある。つまりインスピレーションの道を歩むということだ。

だから完全に他者などを無視しても、それは目隠ししながら走っているようなものになるし、自分をいつも支配してる脅迫的な観念に気付かなくては、どこに到達しようともそこはいつもの不毛の大地となる。

そこで新年をはじめるにあたって、もう一度「実存の世界」と「心の世界」についてまとめておこう。これらは私たちの存在の原理である。こうした基本を深く理解しておくことが重要だ。

 

1.本当の世界

高次ばかりに意識を向けるスピリチュアルも結構だけども、整理しておかなくてはならないのは、まず人間は地球の生命サイクルの一環に流れていることだ。ゆえに私たちは大地を食べ(「食べ物」というのは人間的な観念だ)、空気に包まれ(呼吸し)、水に浸かっている(飲む)。

自然循環、つまり「腐敗と生成の繰り返し」という生物的な不死性については以前から伝えている通りだが、深い瞑想で「観ること」ができるのは、そうした「実存世界」となる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • izanami より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

他力本願とは
置物は動かない。だが彼は様々な風景を見る
人生は最初からエンドロール
人生から不安を消滅させる
宝物をあなたは持っている
名前というカルマを超えて全体性に包まれる

2014.01.01    Notes , ,

この世という幻影
世界はいくらでも組み直すことができる