手がかりをさがす(前編)

愛しかった人にもう会えないとわかったとき、とても切ない気持ちになる。そればかりか、まだ目の前にいるのにいつか離れなければならないと思ったとしてもやはり胸が苦しくなる。

住み慣れた部屋から引っ越すとき、あの空っぽになった空間を見つめているときなんかもそうだ。

この切なさとはなんだろう。儚さとはなんだろうか。本当はそこには何があったのだろうか。こんな辛い気持ちになるために、自分は生まれてきたのだろうか。

じゃあ最初から会わなければよかった、あんな輝かしい思い出なんて体験しなければよかったのかといえば、それは違う。だからこそ切ないのだ。しかし自分の魂はこんな張り裂けそうな思いを経験するために存在しているのかと考えみれば、なんだか腑に落ちない。

何かがすぐそばにあるのに、すぐそばにあったのに、それを掴めないようなもどかしさがずっと残っている。そう、何かを見過ごしているのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事