王国の門

人は孤独であるときこそ
人生に新しい何かを開くのだけども

だがそうして”ひとり”の素晴らしさを
語り合える相手がいることも大事でね

いまならSNSなんかもあるから
そうしたコミュニティをみつけるのは
難しくはないだろう

もちろんそこで誤ってはならないのは
そうして語り合うことが
目的になってしまわないことにある

話しているように
孤独であるときこそあなたは道を開く
これまでもそうだったはずだ

たとえ人の案内であっても
その決断は孤独なものだった

“ひとり”ゆえに道は開いてきた

そしてなにより
ひとりで歩んでいるからこそ
ひとりじゃないときの素晴らしさもまた実感する

気の知れた仲間だけじゃなく
賑わう街を眺めているだけで嬉しくなる

するとそのとき
あなたはひとつの真理に達するだろう

“私たち”という喜びを知るのは

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

それはあなたの生き方?
夏休みは終わらない
この人誰?
無理をしないことで人生は開いていく(中編)
関係の法則
自分を殺さず生きるということ
いちばん最後でいい
絵を描くのに必要なもの
-->