墨と和紙

私たちが日頃自分だと思っているもの
その正体は心だ

漠然とした自然の中で
そこらで心という幻影が
ウヨウヨと漂っている
それがこの世界の有り様

誰かと知り合ったり
誰かが死んでいったりと
人生ではいろいろ起こるが
それは心がそこに発生したり
消滅したりしているということ

他の誰かという心があるのではないよ
出会いや別れの数だけ
「あなたの心」がたくさん生まれては
たくさん消えているのだ

 

現実を作り出しているもの

いまあなたが重く辛い現実にあるなら
心が世界をそのように見ているに過ぎない

言い換えれば
重く辛い心がそこにあるから
世界はそのように見えているのだ

では心が世界は幸福だと見ようとすれば
現実はハッピーになるのかといえば
そうではない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事