人生は本来どんどん変化していくもの

植物をみれば
種から芽が出て茎が伸びて
そして葉が茂ったり
花が満開に咲いたりする

種→芽→茎→葉→花、だね

その時々で見え方はまるで違うわけだが
しかしそれはずっと同一の植物としてある

だから花が茎より優れてるのでもなく
芽が種より優れているのでもない

つまり花が咲くことが完成や目的なのではなく
この一連の全体の流れそのものが
この植物が存在している目的なんだ

この話を己の人生に置き換えてみたとき
人生の目的や完成は
未来にあるのではないということがわかる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

なんで働かなきゃいけないの
楽しい毎日がやってくる人
死にぴたりと背中をくっつけて
内観の法
別れについて
過去の荷物をおろせば明日は来なくなる
あなたは最初からすべてを知っている
ベイビーブルー
-->