「漠然としたもの」と「現実」

誰かと会話をしているとき
自分がどのように言葉を話しているのか
静かに観察してみよう

言葉になる”直前”に
まず相手に「伝えたいこと」が浮かんで
そしてそれを言葉に”翻訳”しているだろう

しかしその「伝えたいこと」というのは
とても漠然としたものであって
言葉に置きかえることはできない

言葉に置きかえた時点で
それはもう翻訳されているからだね

これは会話でなくても
ひとり物思いしているときも同じで
「いま自分が考えていること」というのは
すでに翻訳されたものとなる

考える”以前”に
やはり「漠然としたもの」があり
それを心の言葉にかえて読み込んでいる

そしてこの仕組みにこそ
なぜこの現実に取り囲まれているのか
謎が解明されることになる

つまり目の前に何があるだとか
どのような状況に己は置かれているかなど
そういった認識もすべてが翻訳なんだ

 

「漠然としたもの」と「現実」

だから誰かと会話をするとき
伝えたいことがうまく話せなかったり
何かを書くときなんかが顕著だが
なかなか狙い通りの文章にならなかったりする

むしろその「漠然としたもの」は
無数の言葉などそもそも必要としておらず
たとえ「一語」であっても
それすら冗長に感じられる
(話すときや書くときを思い出してみよう)

「漠然としたもの」があるからこそ
話したり書いたり思ったりするというのに
うまくそれを表現できるのは稀なことであり

さらにこのことは
他者や物事と関わるこの現実が
どうにもうまくいかない
というのも
まったく同じ原理にある

だがうまくいかなくて当然なんだ

“普通に人間をやっている”限り
つまりどのように語ったところで
それは必ず不完全なものとなるからだ

実際そうだね
うまく話せたと思ってもあとでやっぱり
何か足りなかったような気がしてくるだろう

好きなあの人や上司に
ちゃんと自分の気持ちが伝わったのか
心配になってくる

同様に
いまこんな現実を生きてるけども
本当にこれでいいのだろうか」と
私たちはいつも迷い続けている

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事