明日は明日の風が吹く

同じような文言が
古今東西いわれてきた

たとえば仏教ならばこうある

過去は過ぎて未来はまだ存在しない
だからいまこの瞬間のみ観察し続け
心動ずることなくただ為すことだ
(二カーヤ・中部)

また聖書ならば
明日のことを思い悩んではならない
明日のことは明日が自ら思い悩む
その日の苦労はその日だけで十分である
(マタイによる福音書6章34節)

つまり明日は明日の風が吹くわけで
いまだけをしっかり生きなさい
リアルタイムに在りなさいというわけだ

もちろん釈迦もイエスも
超越的な示唆をほのめかしているけども
いきなりそちらに飛ぶのではなく
もう少し”手前”から解釈しながら
その超越に到達してみよう

 

1.

仕事や人間関係で
こんな経験があるかもしれない

昨日はあれだけスランプだったのに
今朝になってみればスイスイと捗ったとか
あれほど不安に怯えていたのに
実際会ってみたら全然そんなことなかったとか

昨日の苦悩はなんだったのか

昨日と今日とで
違う世界が開いているみたいだ

つまりいま悩んでることが
明日には考えるまでもなく解決したり
いま窮地に陥っていることが
何でもなかったように流れたりするが
「なんでだろう?」ということだね

人は明日をいまの延長で考える
だからいま思い悩んで解決しておかないと
明日はまた大変だと考える

だけども釈迦やイエスは
そんなことをする必要はないという

明日は明日に任せておけ
その代わり今日できることを
精一杯やれとね

実際あなたも
翌日には解決しようとするまでもなく
ごく自然に解決していた経験があるはずだ

そればかりか
「人生のすべてがそうなのかもしれない」
ということに気づくかもしれない

 

2.

さてどうして明日は「別の風」が吹くのか

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. shiy より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

謹賀新年
深夜の笑いが起こるとき、あなたは消えている
砂浜の足跡
世界は想像力でできている
マネーゲームから脱出する
社会で生きていくために(1)
ペルソナの世界(2)
唯識と脳と現実変更(5)
-->