安住なる地へ

「いつも相手してやれなくてごめんね」
と飼い猫に語りかける

猫と暮らす大半の人は
自分がひどく疲れているときほど
それをいう

仕事から帰宅したときや
苦悩で頭がいっぱいのときだ

じゃあエネルギーが満ち溢れて
意気揚々としているとき
どうして他のことばかりに向けられて
猫に構わないのだろう?

それは猫と戯れることが
「意味のないこと」だと思っているからだ

だがやがて
その猫が死んでしまったときに
気づくことになる

それは猫と向き合って過ごした
数える程度の時間

つまり「意味のなかったこと」こそが
大切な意味だったんだとね

 

1

これはどんなことでもそうで

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

新しい自分をはじめると世界は更新される
“つながり”は安らぎと勇気を与えてくれる
相手の誤解が解けるとき
自分が眠っていることに気づく
世渡り上手になる必要はない
フィクションの世界(4)
罪を償うために
なぜあのひとはあなたを虜にするのか
-->