自分を磨くということ

よく海外の人々はとてもお洒落にみえるけども、日本人がお洒落をしようとするほど滑稽になるなんていわれる。何が違うのだろうか。同じような格好をしていてもその違いがある。つまり着こなしや色使いだけの問題ではなく、そうした表面を超えたなにかがあるということだ。これはファッションの話だけではなく、幸せな生き方そのものに通ずることでもある。

容姿にこだわることほど愚かなことはないのだ。

全体と調和するため、いわば自分の容姿について「自分が気にならない」ためにお洒落をするのであり、いわばノイズを発する自我を滅してシーンとひとつになり、ゼロになるためへの喜びに満ちることがその目的なのだ。その全体的なエネルギーの流れが、お洒落な人を通じて感じられるものである。

ゆえに「あのひといいなあ」と思わせるお洒落さんというのは、その個性からなのではない。メディアに支配されている日本人はそこを間違えてしまう。良き印象を与える人々は調和を通じて溢れ出る「全体のエネルギー」を感じさせているのである。全宇宙を背後に携えているわけだからそりゃ輝きに満ちている。

1.

だから全体から浮き立とうとして自分を「気にする」ためにお洒落をしているのはまさに転倒しているわけだ。あまりに調和から離れてしまい、エネルギーの供給が絶たれている。ゆえに「自分のことが気になって仕方がない」ということになる。

これはファッションだけでなく仕事や家庭内でもいえることだ。

なぜあなたはそんなに辛いのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. Ricchan3588 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事