アダム

さて前回前々回と続いて「自分からの離脱」パート3だ。まだやるのかと聞こえてきそうだが、その心配は無用だ。これで完結となる。ひとつ頭に入れておいてほしいのは、科学や哲学、宗教、またそれらの各分野内で真逆のことを示していても、すべて同じ土俵の上での多面的な表現に過ぎないということだ。

有名なインドの寓話がある。盲目の人々が一頭の巨大な象に触れたという話で、ひとりは脚、ひとりは胴、ひとりは牙、それぞれが手の感触だけを頼りに知り得た感想で、議論するというものだ。

当然三者の受け取り方は違うものとなる。ひとりは「ザラっとしてたくましい何か」もうひとりは「ぶよぶよして頼りない何か」そして「ツルっとして硬い何か」だ。互いに意見を対立させるが、結局は一頭の象だったというオチだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • komatta より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. Aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. A より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  10. 色即みっちゃん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 色即みっちゃん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  11. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  12. komatta より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  13. -自分- 涅槃 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事