負の連鎖を断ち切る

他人に怒りをぶつけると
別の他人から怒りをぶつけられる

他人を恨むと
別の他人から恨まれる

これは”この世”の絶対的な法則だけども
厄介なのは返ってくる出来事が
突発的な事故として現れることにある

だから「これは法則だ」と
のん気に考慮している隙もなく
出来事に対する防御反応で
すぐに心身を強張らせてしまう

たとえばどこかの店で
ぞんざいな扱いをされたとしよう

店側のミスがあったのに
なんだか開き直ったような態度を
店員がしているように思えて
つい声を荒立ててしまったとする

相手が間違えていると思ったから
あなたは自分の主張を伝えたつもりでいる
“表向き”にはそうなのだろう

だが真っ白に主張だけを伝えられるなら
あなたは有能な弁護士や検事になれる

しかし負の感情が混入してしまう

「相手がちゃんとやらないから
こんな気分になるんだ」
といった理不尽からの怒りで
声を震わせていることになる

純潔な白がすぐに濁りはじめて
“プロ”にはなれないわけだ

ところがその場を離れても
怒りや憎しみにフツフツしてると
よりハイレベルな”嫌な出来事”に
遭遇するようになる

たとえば自宅のすぐ近くの
工事現場の作業員が
あなたを追い回すように
執拗にジロジロ見てきたりする

あなたは自分の家が知られてるし
不安で過ごすことになる

あとで家に戻ってきた家族も
同様のことを話しはじめる

「気味が悪い」と言いだして
どうにも解決しようのない
陰鬱なムードとなる

たしかにそうだね
「どうしたら」いいのだろう?

相手が何を考えているのかわからないし
そして何かをされたわけでもない

だからどうするもなにもないが
しかし”どうにかしなければ”
落ち着かないわけだ

不幸な偶然に見舞われた自分を
あなたは呪うしかない

 

 

すべては己の心が生み出している

ところがそれは”偶然”ではない

先の店員に対して生じた
ネガティブなエネルギーが
新たな現実を生み出したことになる

どうして近所で工事などしているのか
どうしてあんな不気味な
作業員と鉢合わせになるのか

どういう目的があって
こちらを凝視しているのか

イライラしていたあの作業員にとって
獲物は誰でも良かったのか?
そこに”たまたま”自分は
通りがかってしまったのか?

そういった数々の偶然とは
実は“必然”として起きているのだ

その意味で
「どうして」には答えがないことがわかる

ここは重要だから覚えておこう

この宇宙で起こる「どうして」には
どんなことも本当の答えはない

あの人はあのとき
なぜあんなことを言ったのか
その本当のことはわからない

わからないのは
「本当のこと」など実在しないからだ

科学のように「どうして」を定義づけて
“その定義の答え”を見出すことはできる

だがそれは結局のところ
新たな「どうして」を生み出しているにすぎない

これはこの世がいかに幻想によって
構築されているかの話なんだけども
そこに気づかずに
つまり”答えがない”ゆえに
答えを追求するだけ不安は大きくなる

つまり自らで新たな定義を
創り続けてしまうわけである

「どうして」という掴み所のない闇が
磁力のようにネガティブな出来事を
引き寄せることになるわけだ

テレビやネットをつければ
つい何かを言ってしまいたくなるような
批判的になってしまう情報に目がとまるなら
そうした無意識に反動している己に
注意しなければならない

それもまた負の力を大きくすることに
手を貸しているからだ
“これから体験する出来事”の源を
せっせとこしらえているのである

人生で体験する出来事は
表面的には違えど
同じ「色」のつながりとして起こる

言いかえれば
人生はシンクロニシティの連続でできている

だから店員との出来事の”以前”にも
必ず何かがあったのだ

それは最初は吹けば消えるほどの
小さなエネルギーだった

だが少しずつ養分を蓄えて
成長していったのである

 

 

負の連鎖を断ち切る

ではどうすればいいのか
どうすれば負の連鎖を
断ち切ることができるのか

まず次々と降りかかる「どうして」が
本当は自らで創り出していることを
知らなければならない

だから闇から抜ける方法はただひとつ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tsuyukusa より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tsuyukusa より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. tsuyukusa より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. tsuyukusa より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事