動揺しても少し待ってみる

理論書や学術書の冒頭には
「序文」が書かれてある

その本がどんなことを問題にしているのか
そして著者がどのように
その問題を捉えようとしているのか

つまり本の趣旨が
一番はじめに記されているわけだが

しかしよく言われることだけども
序文は本をすべて書き終えてから
一番最後に書かれることが多い

パスカルもこのように言っていた

「作品を書き終えたときにはじめて
最初に何を置くべきかがわかる」

だがね、この言葉は
“人生そのもの”を暗喩したものとして
読み取ることができるんだ

天才と呼ばれ
さまざまな功績を残した彼は
病弱な体を抱えた短い人生だった

そんな彼が残した言葉は
表面をただなぞってるだけでは
受け取ったことにはならないわけだね

 

1

さて、私たちはいましていることが
一体なんであるのかを
本当の意味で知ることができない

確かに出社のために朝起きて
生活のために働いているつもりでいる

もちろん遅刻したら怒られるし
給料をもらわないと
食べていけないからだろう

しかし本当にそのために
その毎日の活動があるのだろうか?

期日通りに支払いをすることのために
わざわざこの世に生を受けたのだろうか?

 

2

今日に至るまでの日々の意味は
今日だからこそ知るのだけども

だがしばらくすれば
これまでそうだと思っていた日々の意味は
また違ったものになっている

つまり人生の意味とは
物事からは確定しない」ということだ

それゆえにいまの現状だけをみて
自分は不幸だとか
自分はもう破滅だとか

そう思い込んで
人生の可能性を狭めるのは早計だといえる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. romanesleo より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • 涅槃の書-自分 より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->