動揺しても少し待ってみる

理論書や学術書の冒頭には
「序文」が書かれてある

その本がどんなことを問題にしているのか
そして著者がどのように
その問題を捉えようとしているのか

つまり本の趣旨が
一番はじめに記されているわけだ

しかしよく言われることだけども
序文は本をすべて書き終えてから
一番最後に書かれることが多い

パスカルもこのように言っていた

「作品を書き終えたときにはじめて
最初に何を置くべきかがわかる」

だがこの名言は
“人生そのもの”を暗喩したものだ

 

1

さて、私たちはいましていることが
一体なんであるのかを
本当の意味で知ることができない

確かに出社のために朝起きて
生活のために働いているつもりでいる

もちろん遅刻したら怒られるし
給料をもらわないと
食べていけないからだろう

しかし本当にそのために
その毎日の活動があるのだろうか?

期日通りに支払いをすることのために
わざわざこの世に生を受けたのだろうか?

 

2

今日に至るまでの日々の意味は
今日だからこそ知るのだけども

だがしばらくすれば
これまでそうだと思っていた日々の意味は
また違ったものになっている

つまり人生の意味とは
物事からは確定しない」ということだ

それゆえにいまの現状だけをみて
自分は不幸だとか
自分はもう破滅だとか

そう思い込んで
人生の可能性を狭めるのは早計だといえる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

言葉のやりとり
人生を充実させる不思議なパワー(2)
全部自分に返ってくる不思議
確率というものを捨てると”いま”に入る
人生を充実させる不思議なパワー(3)
大きな幸せに近づいていく
素敵な世界が実現していくプロセス
人生が最大に好転する法