動揺しても少し待ってみる

よく言われることだが
本の序文は一番最後に書かれることが多い

それは書き続けている本文が
一体どこに向かうのか
その作者にもわからないからだ

あなたも会社の資料を作成しているときに
同じ経験があるのではないかな

パスカルにもこんな名言があるね

「作品を書き終えたときにはじめて
最初に何を置くべきかがわかる」

だがこれは人生そのものを暗喩したものだ

 

1

私たちはいましていることが
一体なんであるのかを
本当の意味で知ることができない

確かに出社のために朝起きて
生活のために働いているつもりでいる

もちろん遅刻したら怒られるし
給料をもらわないと
食べていけないからだろう

しかし本当にそのために
その毎日の活動があるのだろうか?

期日通りに支払いをすることのために
わざわざこの世に生を受けたのだろうか?

 

2

今日に至るまでの日々の意味は
今日だからこそ知るのだけども
だがしばらくすれば
これまでの日々の意味もまた違っている

つまり人生の意味とは
物事からは確定しない」ということだ

それゆえに自分は不幸だとか
自分はもう破滅だとか

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

お金に困らなくなる法則
新しい自分をはじめると世界は更新される
焦りを克服するメソッド
幸せの大通りを歩いていく
メタモルフォーゼ
永遠のエリアに入る瞑想
太陽はあなたを照らしている
運命の出会いが起こるとき